ナースやすこの健康プラス
お知らせいろいろ
しばらくブログお休みしてました。すいません。
別に病気だったとか、そんなことはありませんデス。

..果たして、このブログに時々訪れて下さる方たちが
どんな情報を欲しているのかなとか、
何をここで発信していくべきかなとか。
ちょっと考えちゃってますが..。(^^ゞ

今回は、お知らせをいくつか。

私は長年マタニティスイミングに携わってきています。
これはライフワークです。
で、確か'97年頃からホームページで全国のマタニティスイミングスクールの情報を集めてまとめサイトを作ってきてたんですが、今回、そのサイトを別のところに移して、リニューアルすることにしました。
..個人的に、プロバイダを変えたから、ってのもあるんですが。

で、新しいサイトは、@wikiを利用したサイトです。
まだまだ情報はぜんぜん、というよりまったくまとまってないんですが、
ちょっとずつ更新していくつもりです。。
ゆくゆくは、クラブの当事者の方にも更新していただけるようにする計画も..。
●マタニティスイミングネットワーク
http://www37.atwiki.jp/maternityswim/

それと、Facebook始めました。
まだ始めたばっかりで、わからないことばかりですが、
私の著書などもノートにまとめましたので、
見てみてやって下さいまし。
●やすこのFacebookはこちら

---------------------------------
明後日、いよいよプロ野球がキャンプイン。
我々プロ野球ファンにとって、2月1日がお正月(^^)V
ま、今年はとにかく阪神優勝、ということで。
われらが慶應卒の伊藤隼太君にも期待!
そして私も、ちょっと阪神がらみで楽しくお仕事させていただくかも。(^。^)

とりあえず、ぼちぼちやっていきますです。(^^)/
[PR]
# by tiger_yz | 2012-01-30 23:25 | 雑感 | Comments(3)
妊婦の健康シリーズ21:肋骨が痛い
バタバタしていて、ブログ、ちょっとサボりぎみ(^^;;

まずは告知。
私が手がけた本が出ました。
『ぜんぶわかる 骨の名前としくみ事典』
成美堂出版 監修 山田敬喜・肥田岳彦 1400円+税
http://www.seibidoshuppan.co.jp/cgi-bin/serch/_book_details.php?bookcd=6862
c0128703_13573391.jpg

全身のひとつひとつの骨について、細かく解説しました。
医療関係者の入門書に、スポーツ関係の方、スポーツ好きで、選手のケガなどが気になる方などに特に見てほしいです。いや、そうでない方々にもぜひ!
..そして私がホレた蝶形骨は46ページ! 蝶形骨、かっけーーー!!(*^。^*)




さて、今日は妊婦の健康シリーズ、「肋骨が痛い」です。

特に妊娠後期になってくると、
横になるときや深呼吸をしたときなどに、
肋骨が痛むと訴える方がいます。
印象としては、小柄な方や、胸(胸郭)の周囲が細い方に多い気がします。

これは、子宮が大きくなるにつれて、胃も肺もみんな押しやられ、押し上げられていくために、肋骨もぐりぐり、ぐりぐりと押し広げられるための痛みと考えられます。

つまり、病気ではありません。

ただし、「胸が痛い」という症状の場合、他の病気の可能性もあるので、
必ず医師に相談してみてくださいね。
特に血圧が高い方や、動作と関係なく痛みがある方、
痛みが強く、呼吸がしづらい、日常の動作に支障がある、といった方は、
放置しないで医師に報告を。

特に医学的には異常がなく、
やっぱり肋骨がぐりぐりされていることが原因と考えられる場合、
残念ながら予防策はないし、
治療薬などもありません(TT)。すいません。m(_._)m

まず、横になるときは、
クッションや抱き枕、バスタオルを丸めたものなどで、
お腹や胸を支え、痛みが出にくいポジションを探してください。

深呼吸をすると痛いからと、呼吸が浅くなるのはよくありません。
ゆっくりと、できる範囲で深く息を吸い込むという程度の深呼吸は
ときどきしてくださいね。

胸の辺りが痛いと、上半身を硬くしがちで、
肩が凝ったり、背中が痛くなったり、
それに伴って頭痛がしたりすることもあります。
・痛みが出ない範囲でストレッチをする
・肩や背中を温める
・入浴して全身をリラックスさせる
..といったことをしてみてください。

それでも痛みが消えることはないかもしれません。
でもそれは赤ちゃんが大きく育っている証拠。
ママさん、がんばってくださいね。

あ、肋骨の痛みが出ないからといって、
赤ちゃんの成長が悪い、なんてことはありませんよ。
痛みがないなら、それは何よりです。ご心配なく。

============================
c0128703_14213086.jpg 先日取材で訪れた某大学のキャンパス。銀杏が色づいてきれいな並木でした。...でも、やっぱりもしかして今年の紅葉、遅いですかね?
[PR]
# by tiger_yz | 2011-12-14 14:27 | Comments(2)
妊婦の健康シリーズ20:下痢、便がゆるい
さすがにだいぶ寒くなってきました。
そろそろ体も着るものも暖房器具も、
冬モードにしないといけませんね。

さて今日は、妊娠と下痢のお話。
妊娠中は、多くの方が便秘になりがちなので、
下痢で悩むということは少ないかもしれませんが、
寒くなってくるとお腹にくる感染症なども心配だし、
ちょっとここでご注意をば。

「妊娠中に下痢がちになる」という方はあまりいないという印象ですね。
でも、もともと妊娠前から“ゆるめ”という方が、
そのままの状態が続く、という方はたまにいらっしゃいます。

もともとゆるめとか、
たまにちょっとした下痢はするけど、1〜2回で終わってあとは普通とか、
便意が来たときはちょっとお腹が痛いけど、出ればスッキリする、
という方はいますよね。実は私もそのタイプ。(^^;;

もともとがそういう状態で、
妊娠しても特に変わらないのであれば、
それほど心配はいらないでしょう。
腹痛がひどくなってくるとか、
水のような下痢が何日も続く、なんてことにならないのなら、
そのままで問題ないと思います。

また、貧血のお薬で便通が変わる方がいます。
便秘がちになる方もいますが、逆に下痢気味になる方も。
貧血のお薬が原因と考えられる場合で、
下痢の状態がだいぶつらいようなら、
担当の医師に一度相談を。
どうしてもその薬を飲み続けるべきか、
薬はやめて食事でがんばるか、
一度考えてみてもいいかもしれません。

気温差や、たまたま食べ過ぎたり、ひどく疲れたなど、
ちょっとしたトラブルをきっかけに、
下痢と便秘を繰り返すようになってしまうことがあります。
腸内の状態が整ってない、という感じ。

このような場合は、とにかく規則的な生活をし、
消化がよく、バランスのとれた食事をすること。
お風呂に入って全身の血流を促進して、
しっかり寝て疲れをとること。
ヨーグルトなどの発酵食品や、食物繊維も十分にとって、
腸内が整うようにしていきましょう。

急にひどい下痢になって、1日に何度もトイレに行く、
水のような下痢が続く、腹痛もひどいという場合は、
これは胃腸の感染症かもしれません。
吐き気が伴ったり、熱が出たりすることもあります。

そんな状態になったら、放置してはいけません。
すぐに産科の病院に電話して指示をあおぎましょう。
場合によっては産科ではなくて内科に行った方がいいこともあります。
または、あまりに症状がひどくて、
立ったり歩いたりもできないようなら、
救急車が必要かもですね。

早産傾向とひどい下痢が関係していると考えられるケースもあります。
妊娠経過が安定していれば、
多少の下痢は早産につながるものではありませんが、
早産ぎみの状態と下痢が同時に起こっていたり、
ときにはひどい下痢が早産傾向の引金やアクセルになっているのではと
考えられるケースもあります。

症状の変化や、お腹の張り(子宮収縮)の様子などもあわせて
よ〜く注意しておく必要があります。
もし下痢とお腹の張りが連動している感じがしたら、
担当の医師に必ず報告してくださいね。

とにかく、
「水のような便」
「排便前だけでなく排便後も腹痛が続く」
「何日も下痢が続く」
「吐き気や発熱が伴う」
「同時にお腹がひどく張る(お腹が硬い、キューとするなど)」
といった症状があったら即病院へ!

感染症の場合は家族にもうつる可能性があるので、
手洗いなどしっかりしてくださいね。

---------------------------------------
c0128703_17421886.jpg 半身浴をするために、母にモコモコ・フワフワの生地でケープを作ってもらったんですが、これ、入浴中だけじゃなくて、ふだんつけてるとすんごく暖かいんです!
ポイントはたぶん「肩」です。「首だけ」より、肩まで包んであげると断然あったかい。(^。^)
こういうケープはなくても、ストールなどで肩までぐるりと包んでみてください。節電で暖房控えめでも、これでバッチリ大丈夫!(言い過ぎ?!)
[PR]
# by tiger_yz | 2011-11-29 17:44 | 妊娠と出産の話 | Comments(0)
妊婦の健康シリーズ19:インフルエンザの予防接種について
少し前まで、「骨の本」を書いてたんですが、
今は「筋肉本」を書いてます。
両方ともイラスト中心ですが、書いた私にとってもバイブルになりそうな本です(^^;;
出来上がったらご紹介しますので、お楽しみに。

さて今日はインフルエンザの予防接種の話です。
前に書いたっけな、と思いつつ。

毎年冬に流行するインフルエンザ。
本格的な流行は年明けあたりなのでしょうけれど、
だからこそ予防接種は今のうちにしておきたいですね。

妊婦さんもしかり。
妊娠中にインフルエンザにかかると、
重症化しやすいといわれています。
「予防接種をすれば、インフルエンザにかからない」というわけではありませんが、
予防接種をしていれば、感染しても軽く済む可能性が高いのです。

だから最近では、妊婦さんも(または妊婦さんこそ)インフルエンザの予防接種を受けるべきという意見が多くなっています。
定期検診で病院に行ったとき、
外来や待合室に「インフルエンザ予防接種のご案内」という張り紙があったり、手紙をもらったりしていませんか?

ただ、予防接種によって起こるかもしれない発熱その他の副反応など、
妊娠に及ぼす影響を心配して、
予防接種をすることに消極的な意見もまだあるみたいですね。

で、私の意見も「妊婦さんこそ予防接種を受けたほうがいい」、です。
この時期にはいつも妊婦さんたちに、
「ご家族と、主治医と、よく相談してみて」とお話ししています。

受けるなら早いほうがいいですよ。
免疫がつくまでには2〜3週間はかかると考えられているので。

ただし、妊娠初期とか妊娠を望んで準備中の方、
またはお産がもう数日以内かも、といった方は、
時期をずらしたほうがいいかもしれないので、
医師とじっくり相談してくださいましね。
[PR]
# by tiger_yz | 2011-11-23 00:25 | 妊娠と出産の話 | Comments(0)
妊婦の健康シリーズ18:妊娠線
こんにちは。
明日、あいや、もう今日か(^^;; -は立冬ですと。
その通りに急に肌寒くなるそうです。
体調管理、しっかりしましょう。

今日は妊娠線のお話です。

妊娠線は、妊娠中に、お腹(特に下のほう)や、
ときには胸にもできることがある、赤っぽい線のことですね。

妊娠してお腹や胸が急激に大きくなり、
皮膚が引き伸ばされる結果、皮下の組織が裂けちゃうんです。
その下の血管が豊富なところが透けて見えるために、
赤いスジスジになって見えるわけ。

たいていは特に痛みなどの症状はありませんが、
たまにかゆみを訴える方もいます。

出産してお腹がペタンコになれば、
妊娠線も赤身がとれて目立たなくなります。
でも完全には消えません。
少し光ったような線が残ります(T_T)。

これは病気ではありません。
お腹が大きくなるのが原因ですから、
赤ちゃんがママのお腹でよく育った証拠。
勲章だと思ってね(..って言ってもそれとこれとは別ですかね、やっぱり(^^;;)

出る人と出ない人がいます。
お腹の皮膚が伸ばされるのが原因なので、
たとえば双子ちゃんとかの場合は出やすくなります。
またママさんが太り過ぎてしまうと出やすくなるかもしれませんね。

あとは皮膚が「伸び」に対して柔軟かどうかも関係があるでしょう。
でも、これは検査できるわけではないので、
「私は出ますか?」と聞かれても、わかりません。m(_._)m

妊娠線予防のためのクリーム、売ってますよね。
でもその効果はよくわかりません。
一生懸命塗っていたのに、臨月になって出ちゃった!
という方もいますし、
特に何もしていなくても出なかった方もいます。

ただ、そういったクリームは別に害があるわけじゃないし、
マッサージして血行を良くしておくことは、
皮膚にとっても悪くないはずですから、使ってもかまいません。
ま、使うか使わないかは、自己判断で、ってことで(^^ゞ

アロマのグッズにもありますよね。
ネロリ」という精油が入っているのが多いみたい。
ネロリは私も大好きな香り。
柑橘系の「だいだい(ビターオレンジ)」の花からとった精油で、
とても高価です(^^;;
皮膚の細胞の再生を活性化させる効果があると言われているので、
妊娠線予防に使われるのでしょう。

自作するなら、皮膚を柔らかくする効果がある「みつろう」と
好きな植物油(マカダミアナッツとかビタミンEが豊富な小麦胚芽とか)で
少し柔らかめのクリームを作って、
ネロリ、ラベンダー、フランキンセンスといった精油を入れて、
入浴後などに優しくマッサージしてみてもいいかもですね。
みつろうのクリームの作り方はこちら
みつろうを若干少なめ、または植物油を多めにすると、柔らかいクリームになります)

ただし、それで妊娠線ができないという保証はできませんので、
ごめんなさいね。(^^;;

------------------------------------------------
c0128703_1975.jpg先日、高尾山に行ってきました。紅葉にはまだ少し早かったみたい。でもいい天気で久々&お手軽森林浴。楽しゅうございました。(^^)/


c0128703_191947.jpg
[PR]
# by tiger_yz | 2011-11-08 01:15 | 妊娠と出産の話 | Comments(0)