ナースやすこの健康プラス
<   2010年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧
大掃除の仕上げにルームフレッシュナーをシュ。
あぁ、もう今年もあと5日!..って今日もすでに夕方だし。(^^;;
年賀状もまだだし、原稿もたまる...あぅ〜

皆様、大掃除は進んでますか?
(ウチは、例年通りぜんぜんです(^^ゞ)

大掃除をしてスッキリしたら、お部屋の空気もスッキリさせましょう。
そんなときに活躍するルームフレッシュナー(ルームスプレー)を作りましょう。

作り方は超簡単。c0128703_1761027.jpg
スプレーボトルに無水アルコール5mlを入れ、そこに好きな精油を計6滴入れてよく混ぜます。さらにそこに精製水を25ml足して混ぜれば出来上がり〜。

使うときは、アルコールと水が分離しているので、よく振ってからシュッシュしてくださいね〜。

アルコールは、「無水アルコール」を使うのが基本とされていてるけど、ルームフレッシュナーに使うだけなら、薬局で普通に手に入る消毒用アルコール(60〜80%)でも、別に問題ないです。(^^ゞ

また、アロマの本に、アルコールでなくウォッカと書いてあることがあります。
これは、無水アルコールが一般の人には簡単に買えない国があって、そこではアルコール度数が高く特別な匂いがしないウォッカを使うから。そこで書かれた本を参考にすると、「アルコール」でなくて「ウォッカ」となる、と。
だからもちろんウォッカでもいいですよ。

おススメの香りとしては...
スッキリ・リフレッシュしたければ、
やはりペパーミントやユーカリ、ローズマリーなんかが王道。
リラックスならラベンダー、
瞑想をイメージするならフランキンセンス、
むふふな感じを演出するならイランイラン、
女の幸せ〜(*^。^*)な感じならやっぱりローズ!?
または、最近マイブームのユズ、
グレープフルーツ、レモンなどの柑橘系もいいですね〜。

最近はインフルエンザやノロウィルス感染が流行しているので、
抗菌・抗ウィルス作用があるとされるティートリーをブレンドするのも超お薦め。

このルームフレッシュナー、外出時に持ち歩くのもいいですよ。
トイレの匂い対策や、
旅行先でホテルの部屋の匂いが気になるときなどに大活躍。

ま、部屋に好きな香りを漂わせるなら、
ティッシュに2〜3滴落として置いておくだけでもいいんですけど..(^^;;
..一瞬で広い範囲の香りを変えられるのが利点、ってことかな。

=========================
c0128703_17175928.jpg今年のクリスマスは関西へ。甲子園球場グラウンドに立とう!というイベントに参加してきましたぁ〜!!。外野の芝に寝転んで、芝のアップをパチリ〜。めっちゃ寒かったけど、うれしかったなぁ〜。(^Q^)
今年もありがとう、タイガース! 来年も頼んまっせ!!
[PR]
by tiger_yz | 2010-12-27 17:25 | アロマテラピーを楽しむ | Comments(0)
花粉症のレーザー治療!
毎週月曜日に更新中ですが、
明日は朝から出かけるので、今日中にアップ。

先日、アロマ発泡バスソルトを作るため
重曹とクエン酸(と、ついでに過炭酸ナトリウム=酸素系漂白剤)を大量に買ったんですが、これがアロマでなくお掃除に大活躍ちう。(^^ゞ

「クエン酸と重曹でお家がピカピカ!」なんて話は
あちこちで聞いてたんだけど、
「うそつけ〜、洗剤には勝てんやろ!?」と思ってました....

すいません。私が間違ってましたm(_._)m

ま〜、水あかはクエン酸で湿布したあと重曹で拭けばするりととれるし、
重曹だけで洗面台もピッカピカ!
....クレンザーなんていらんやん...(^^;;
重曹とクエン酸なら食品でもあるから環境にも優しいだろうし。
いや〜、発泡バスソルトより、掃除に使っちゃいそうですわ。

ちなみに、ここ↓だと大容量で安かったですよ〜。
楽天 アレスヘルスケア
http://www.rakuten.ne.jp/gold/ares-hc/

さて、今日はアロマからちょっとはずれて、
先日ちょっとご紹介したレーザークリニック
(看護学校の後輩のご主人が開業)のお話。

後輩から、「花粉症用レーザー入りました!」という連絡が届きましたよ〜。

日本橋Fレーザークリニックのホームページはこちらc0128703_20161586.jpg

従来の花粉症のレーザー治療は、鼻の粘膜を真っ黒コゲに焼いてしまうようなもので、痛みがあったり、あとで真っ黒なモノが出てきたりするし、思うほどの効果が得られなかったりしてたとか。

でもここのクリニックでのレーザー治療は、粘膜のタンパク質を凝固させて、花粉がついても反応しないようにするもので、短時間で済むし、あとでコゲが鼻から出てくるようなこともないんですって。

治療後、しばらくは逆に鼻水が増え、その後、効果がわかってくるとか。多くの人が1回で効果を実感できるそうですよ〜。

来年の春は花粉がものすごく多いらしいから、とにかく早めの対処が必要!
この際、レーザー治療も視野に入れてみてはいかがでしょう?

..かくいう私も、トライしようかと思っているところです(^^ゞ

※詳しくは、日本橋Fレーザークリニックのページで!
================================
c0128703_20431332.jpg先日、世田谷ボロ市に行ってきました〜。昔に比べると、なんだか怪しさが減っちゃって、ちょっと寂しい気も..。
でも、こんなものを見つけてきましたよ。(^^;;
これは、医療器具です。鉗子とピンセット。掃除とか、何かと便利なんですよぉ〜。

..ただ、理科実験関係のブツは何にもなくて、ちょっと残念(^^;; ビーカーとか、アロマに使えそうなものを狙ってたんだけどなぁ〜。

ちなみにボロ市は、1月15・16日にも開催されます。週末だから混雑は必至! 行かれる方は気をつけてくださいね〜。
[PR]
by tiger_yz | 2010-12-19 20:54 | 病院・医者選び | Comments(0)
発泡バスソルト玉を作る-その2 伯方の塩は半分がGOOD
今日の東京は寒い!
気温一桁、雨がしとしと。
こういう日は、ぜひお風呂に入って暖まりましょう。

今日は、前回ご紹介した発泡バスソルトの第2弾。
「伯方の塩」を使ったらどうなるか..です。

発泡バスソルトの材料であるクエン酸と重曹には湿り気がなく、
そのままでは「玉」になりません。
そのため、湿り気がある塩を使うか、
塩がパウダー状のものの場合は、
水やグリセリンで湿り気を与えるわけです。

で、「伯方の塩」の湿り気が適度で良いらしい..
という話を書きました。

書いた責任もあるので(^^;;、
実際にやってみましたよ。

結果、塩の分量全部を伯方の塩にすると、
水分がやや多すぎる
ようで、
混ぜたとたんにクエン酸と重曹が反応し始めて、
固まらないどころか、ぶんぶん膨らんできちゃいます!!

で、結論。c0128703_13233032.jpg
塩の量を、伯方の塩とパウダー状の塩で半々くらいにするといいみたいですね。

たとえば、クエン酸10g+重曹30g+伯方の塩15g+パウダー状の塩15g
という感じです。
それに好きな精油を加える、と。
(半身浴3滴、全身浴5滴程度)
..写真は、今日作った“玉”を撮影したんだけど、先週のヤツとほとんど違いませんな(^^;;

ま、いずれにしても、発泡バスソルト玉には
若干の水分が必要であり、
少なすぎれば固まらず、
多すぎれば発泡が始まってぶんぶん膨らんじゃうよ、と。

混ぜて固めてみて、水分が少ないかなと思ったら水か湿気のある塩を、
水分が多いかなと思ったらパウダー状の塩を加えて調整して下さい。
水か塩で調整するのがコツかな。

写真は、あな懐かしや、上ざら天秤ですよ〜。c0128703_13142822.jpg
母が持ってたのをもらいました(^^;;
なんで主婦が上ざら天秤なんぞを持っているかというと、
昔、草木染めをやってたときに、「2g」など繊細な計量を求められたため、キッチン用の秤ではダメで、探して買ったそうです。
ひそかに粋なものを持っている、かなりファンキーな母であります。

12月15日・16日と、1月15日・16日は、
東京世田谷のボロ市。
今年は日中から出かけて、
ビーカーなどの化学実験用品(アロマ用(^^;;)の出物や、
美味しい食べ物なんぞをいろいろと物色してこようと思ってます〜。
[PR]
by tiger_yz | 2010-12-13 13:37 | アロマテラピーを楽しむ | Comments(0)
シュワシュワ発泡バスソルト玉を作る
新聞上でも、そろそろインフルエンザやら
ノロウィルスやらRSウィルスの流行が報道され始めましたよ。
皆様、手洗いとうがいなどの予防策、しっかりしてくださいましね。

免疫力アップのため、今年はちょくちょくやろうと思っている半身浴。
今日は、その入浴を楽しくするグッズをご紹介しますよ。
「発泡バスソルト」
お風呂に投入すると、シャワシャワ〜っと泡が出て、c0128703_1214532.jpg
混ぜた精油の香りがほわ〜っと広がる。(*^。^*)
めっちゃ楽しくてかわいいグッズであります。

...あんまりいい写真が撮れず、すんまそん。

塩は入浴剤として保温効果があると言われているし、発生する炭酸ガスは血行を促進するとされてますよね。これが自宅でできちゃうんですよ〜。

それに、材料のクエン酸や重曹は、年末の大掃除でも使ったりしますよね。お掃除用に買ったものをちょっと拝借して、癒されちゃいましょう。

【基本的な材料】
・クエン酸 10g
・重曹 30g
・粗塩 30g
※クエン酸:重曹:塩の割合を1:3:3にすればOKです。塩は食卓塩じゃなく粗塩を使って下さい。

・好きな精油
・粗塩が乾いているタイプなら水分をごく少量加える

写真は今回使ったローズソルト(パウダータイプ)。安かったので楽天で大量に買っちゃいました(^^;; ピンク色は鉄分が入っているからですね。カワイイ。食用にも使ってます。c0128703_127213.jpg


【作り方】
1.精油以外の材料を混ぜる

 クエン酸と重曹、塩をビニール袋に入れ、ガサガサと混ぜる。
 塩がサラサラに乾いたタイプの場合は、霧吹きなどでごく少量の水分を加えて、全体が気持ちしっとりするようにして下さい(ベチャベチャにしないように!)。
 今回使ったローズソルトは完全にサラサラなので、私は保湿効果があるグリセリンを1〜2ccくらい加えました。

2.好きな精油を入れて混ぜる
 1のビニール袋に、好きな精油を、半身浴なら計3滴程度、全身浴なら計5滴程度入れ、袋をガサガサと振ってよ〜く混ぜます。
 精油はブレンドしてOKですよ。
 今回は、最近お気に入りの「ユズ+ジンジャー」です。

3.ギューッと握って玉にするc0128703_12263644.jpg
 材料が混ざったら、ビニール袋ごとギューッと握り、ボール状に固めます。どんなにがんばっても崩れる場合、水分が足りない可能性があります。その場合は、ほんの少し水分を足してみてください。

※水分の入れ過ぎに注意!!
 水分があると、クエン酸と重曹が反応して、どんどん発泡を始めちゃいます。ここでは、「ほとんど発泡が起こらないけど、全体がうまく固まる程度の水分」が必要なので、とにかく水分を加える場合は少しずつ。

※「伯方の塩」が一番いいという噂(^^;;
 粗塩って、ちょっと湿っているものが多いですよね。中でも「伯方の塩」の湿り具合が発泡バスソルトには一番イイらしいんですねぇ。伯方の塩にすれば、水分を加える必要はないとか。

4.お風呂に入れたらすぐ入浴!
 お風呂に入れると、最初の写真のようにすぐに発泡が始まります。で、発泡はすぐ終わっちゃうので、入れたらすかさず入浴してくださいね。あとで..なんて言ってると、せっかくのショワショワが体験できません(^^;;

..今回作ったバスソルト玉。塩がローズピンクで、黄色いユズの精油を混ぜたもんだから、きれいなサーモンピンクになって、めっちゃカワイイ色に!
その色だけでもテンション↑↑(*^。^*)

ただ、加えたグリセリンが若干多かったので、
固めて写真を撮り、10分ほど置いておいたら、
中から発泡して、少ぉ〜し膨らんで柔らかくなってました(^^;;
入浴前に、もう一度握り固めてから投入。
うまくいくと、ホントにカッチカチに固まるんですよ〜。

うまくカチカチに固まれば作りおきもできるけど、
混ぜた精油はだんだん揮発してしまうので、
作ったらできるだけ早めに使いましょう。
使う前にその都度作るのが理想ですね。
[PR]
by tiger_yz | 2010-12-06 12:50 | アロマテラピーを楽しむ | Comments(2)