ナースやすこの健康プラス
<   2010年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧
6月、夏はまだでも紫外線が強いぞ!!
明日から6月。衣替えですね。
今年の梅雨入りはいつ頃になるのかな。

今日は、お肌の健康シリーズのつづき。
紫外線の皮膚への影響について。

紫外線は、やっぱり真夏が一番強いんですが、
6月もすでにしっかり強い!
下図は、環境省の「紫外線環境保健マニュアル2008」
http://www.env.go.jp/chemi/uv/uv_manual.html
からの引用です。

c0128703_1222776.jpg


この時期、晴れの日はもとより、曇りの日でも、
紫外線対策はしっかりしなくちゃですよ!

紫外線に当たるとお肌にはどんな影響があるでしょうか。

・日焼け(小麦色から赤い日ぶくれまで)
・シミ、色素沈着
・シワ、乾燥
・良性腫瘍、皮膚がん


太陽光だろうが日サロだろうが、
紫外線を浴びすぎれば、
皮膚はガサガサ、シワシワ、
硬くぶ厚くなってシミができ、
「小麦色で健康的」な状態とは正反対の状態に!! (>_<)


皮膚以外では、目の水晶体が白く濁る白内障や、
いわゆる雪目、免疫力低下などが起こるといわれていますね。

対策はやっぱり、日焼け止めを塗ること!
直射日光をあびる部分には、しっかり日焼け止めを塗りましょう。
汗をかいたり、からだ拭きシートなどで拭いたあとは、
必ず塗り直して。

帽子や日傘ももちろん効果ありです。
紫外線のことだけ考えれば、長袖の衣類がベスト(でも夏は暑いよね(^^;;)。
色によって紫外線の透過率は多少違いがあるようですが、
それほど神経質にならなくてもいいみたいですよ。

目にはサングラス。
UV遮断効果のあるものをつけましょう。

骨の健康に関係があるビタミンDは、
日光に当たることで皮膚でつくられることから、
日光浴は大切だと思っている方もいるかも。
それは正しいんですが、このための“日光浴”は、
日の当たるベランダで洗濯物を干すとか、
日中、近くのスーパーに買い物に行く、
という程度のことで浴びる日光量で十分なんです。

日中は一切外に出ない、という方は少し意識する必要があるかもですが、
そうでなければ、“日常生活”の範囲で大丈夫です。

もしも日焼けしてしまったら。
日焼けは軽いヤケドと思って下さい。
だから、とにかくまず冷やすこと。
濡れタオルとか、
化粧水(カーマインローションなどでもOK)をたっぷりしみこませたコットンとか、
シート状の美容液パックなどをつけて、
しっかり冷やしてあげましょう。
ひどい場合は1日に何度か。
あとは、いつも通りのスキンケアを。

でも、あまりにひどかったら皮膚科を受診してくださいね。

================================
c0128703_1239162.jpg
背が高くならないミニトマトのレジナ。今年は勢いにまかせて10本以上植えてます(^^ゞ
一番日当りの良いこの木が一番太くて元気。花も一気に咲き始めました!!
さて、どのくらい収穫できるかな?
[PR]
by tiger_yz | 2010-05-31 12:46 | Comments(0)
日帰り遠出はキツいが、いいトコやった!【駒ヶ根】
今日の東京は、ちょっとくもりがちだけど、
空気が少しひんやりしてサワヤカ。

昨日は、日帰り取材で長野県の駒ヶ根まで。
朝9時に家を出て、帰宅は23時過ぎ(^^;;
きつっっっっっっっっ!!

でも、空気は澄み、空は高く青く、
草の香りがして、すんごくいいトコでした!!
(ソコに看護大学があるっ!)

c0128703_16311515.jpg


取材は、看護師さん向けの雑誌「ナース専科」の特集のため。
ナース専科では、ときどき記事を書かせていただいてます。

ところでナース専科でもスタッフがツイッターでつぶやいてまして、
スタッフが、「全国の看護関係の皆様、ぜひフォローして下さい!と言ってます。
よかったら見てみてくださいな。↓↓
月刊「ナース専科」つぶやき隊

ちなみに私もつぶやいてますが、
ツイッターではもっぱら「虎」話のみでして..(^^;;
試合見ながら、「よーーーーーしっっっ」とか「こらーーーー」とか
「なんとかならんかっっっ!!」とか叫んでおります。
[PR]
by tiger_yz | 2010-05-27 16:40 | 雑感 | Comments(0)
お肌のため、表皮はゴシゴシしないこと
お肌の健康シリーズの第...何弾だっけ??? ま、いっか。

今日は、お肌を健康に保つための大原則、
「傷つけない」ことについて。

基本事項のおさらい。
・皮膚は、表層の表皮とその下の真皮からなる。
・表皮の一番表層の角質層は、ラップ1枚の薄さ。
・角質層には、死んだ細胞のケラチン(小さくて薄い)が層になっている。
・角質層は、乾燥や外からの刺激からからだを守る重要な役割をしている。

で、今日はその表皮の角質層を傷つけるととんでもないことになるよ、という話。

表皮が何かの原因で傷つくと、
乾燥してしまったり、炎症が起きたりします。
すると、赤くなるし、ヒリヒリするし、
果ては、皮がポロポロむけてきたり、皮膚が硬くなったり、
色素沈着を起こしてシミになったり、
皮膚の新陳代謝が悪くなって“くすみ”になったりするわけです。

そこで一番大事なことは、ゴシゴシこすらないこと!

洗顔のときは、たっぷりの泡を使って、泡を皮膚の上でころがすように洗う。
つまり、手や指が、直接顔の皮膚に触れないことが大事。
増して、アカスリなんてことしちゃ、絶対ダメですよ!

タオルで拭くときも、ゴシゴシはダメ。
そっと押し付けるようにするだけで大丈夫。
どうせ、すぐに水分は蒸発していっちゃうんだからね。

マッサージをするなら、クリームやオイルをたっぷり使い、
指がよ〜く滑るようにすること。

ファンデーションなどを塗るときも、
できるだけこすらないように。
特にお肌が弱い人は、スポンジでなく、手で塗った方がいいですね。

お肌はとにかく、やさしくやさしく扱ってあげましょう。

================================
c0128703_11273031.jpg
ローズマリーの花が満開! でも、花が咲くと、葉の香りは少し落ちるんだとか。あらま。
ローズマリーは、スッキリ、シャッキリさせてくれる香りで、その精油は頭脳明晰の香りとして知られていますよね。私も好きな香りです。
[PR]
by tiger_yz | 2010-05-24 11:25 | 元気・健康・キレイでいる方法 | Comments(0)
オイルは肌に吸い込まれるか?
お肌シリーズの続き。
前回まで、「水は皮膚には吸い込まれない」という話を書きましたが、
今回はオイル。

クレンジングとして、美容液として、アロマトリートメントのオイルとして、
化粧品にはオイルがよく使われてますよね。
さて、そのオイルは肌には吸い込まれるのか?

答えは..

表皮の浅いところにはほんの少し“ニジリニジリ”となじみますが、
表皮の深い層や真皮にまで入ることはありません。


だってね、もしオイルが真皮や皮下まで、はては体内に吸収されてしまうなら、
オイルを使ってトリートメント(いわゆるマッサージね)を毎日やっているセラピストさんは、
手からオイルを摂取しすぎて太っちゃう、なんてことになっちゃう。
そんなわけないでしょ。(^^;;

痩せたいと思ってエステでオイルトリートメントしてもらったら、
オイルを吸収して太った、なんてことだったら、
高い(^^;;お金出して通わないでしょ? (そんなことないから、安心して)
..エステで痩せるかどうかは別だけど..(^^;;

他にも手で油を扱う職業の人っていますよね?
ん〜、自動車工さんとか、天ぷらやさんとか?(^^ゞ
そういう、いつも油に触れている人がみんな太ってるなんて、
聞いたことあります? ないでしょ?

表皮の一番表面にある角質層。
このラップほどの厚さしかない部分は、
もともと生きた細胞だったものが死んで、
ケラチンという薄くて小さいペラペラのたんぱく質になったものが層になっています。
そしてそのケラチンの隙間を、セラミドという脂質が埋めている。

その上にオイルを塗ったらどうなるか。
ケラチンがめくれたり傷ついたりしているところや、
たまたま隙間になっていた部分には、水分同様、ほんのちょっと入り込みます。

さらに、セラミドも“油”なので、
その油になじむように、ほんの少し“ニジリニジリ”と入り込みます。

でーも!
いずれにしても、表皮の下の方の層やその下の真皮には、吸収されません。

だからといって、皮膚に油を塗るのは無駄ではない。
むしろ必要なことです。


ケラチンがめくれたり傷ついたりしているところの隙間にオイルが入ってくれれば、
ケラチンがさらにめくれてしまうのを防いでくれるし、
内側から水分が過剰に蒸発していくのを防いでくれる。
そのことで、皮膚を乾燥や外からの刺激から守ってくれるわけ。

特に、自分の体内から出る脂質=皮脂が減っている中高年以上の方は、
化粧水やスキンミルクのあと、化粧品用のオイルを塗っておくといいですよ。

おススメは、マカダミアナッツオイル(^^)V
このオイルには、パルミトレイン酸という脂肪酸が含まれているんですが、
これ、若い人の皮脂に多く含まれる脂肪酸。
年をとると減ってくるこの脂肪酸を、オイルで補ってやろうというわけです。

私は、マカダミアナッツオイルにネロリとラベンダーの精油を混ぜて、
基礎化粧品として使ってます(^^)

アロマショップとか、東急ハンズとか、ネットでも売ってますよ。
でも、日が経って酸化しちゃうと使えなくなるので、
あまり大きなビンで買わないようにしましょうね。

===========================
c0128703_1154410.jpg
サンチュが元気! ちょっと甘みもあって、サラダでも美味しいですよ。
でも、ナメクジにちょいちょい食べられてムカついてます。夕べは4匹処分しましたっ。んー、ナメクジって、一匹一匹処分するのが一番なのかなぁ..?
[PR]
by tiger_yz | 2010-05-17 12:01 | 元気・健康・キレイでいる方法 | Comments(2)
化粧水は、いくらパタパタしても肌には吸い込まれない
これからは、できるだけ月曜日+αで更新していこうと思うてます。
..って宣言しないと、ちゃんとしなさそうで..(^^ゞ

化粧品の宣伝「お肌の奥まで浸透」は本当か?で、
皮膚に水は浸透しないという話を書きましたが、
今日はそのいわばつづき。

女性の皆さんは、洗顔後のお肌に、まず化粧水をつけますよね?
手でパシャッとするだけの人もいれば、
コットンにとって、これでもかとパタパタ、パタパタする人も。

でも残念ながら、その化粧水の「水」の成分は、ほとんどお肌には入っていかないのですよ(^^;;

その理由は化粧品の宣伝「お肌の奥まで浸透」は本当か?で説明した通り。
皮膚は構造上、水は通さないようにできています。
ごくごく表面の乾燥した部分には、ほんの少し入るものの、
真皮どころか、表皮の角質層より奥には、水は入っていきません。
(“超”長時間=数日間とか水につかっていれば、さすがにふやけますけどね(^^;;)

「でも、化粧水をパッティングしていると、コットンが乾いてくるんだから、
その分、化粧水は肌に吸い込まれているはずよ!」
とおっしゃる方もいるでしょう。 はい、そのお気持ち、わかります。

でも、残念ながら違うんです。
それはただ単に、コットンと肌から水分が蒸発しているだけなんですねぇ。

とはいえ、化粧水はただの「水」ではなく、
保湿成分など他の成分が含まれているわけですから、
化粧水をたっぷりとパッティングすれば、
その分、保湿成分などは皮膚の表面にしっかり残るわけ。
また、分子のごく小さい物質は、表皮の角質層、または真皮まで吸収されていく可能性はあります。
だから、化粧水を念入りにパタパタするのは、意味のないことじゃありませんよ。

でもむしろ、洗顔後は化粧水はササッとつけて、
すぐに、その上に脂質のもの=クリームやオイルをしっかりつけて、
表皮の角質層から水分が蒸発するのを防ぐほうが理にかなっている。

お肌を乾燥から防ぐには、
「水分を肌の上から足す」んじゃなくて、
「体内からの蒸発を防ぐ」ほうが大切なんですね。

表皮の角質層に小さな傷がついたり、炎症が起きたり、皮脂がとれすぎたりすると、角質層が荒れて、中から水分が失われやすくなるので、ゴシゴシこすって洗いすぎたり、紫外線に当たったりするのはお肌に悪い。

一方で、水分をたっぷり飲んでからだの中を潤しておくことも、お肌の健康にとって大切なことなんですよ。

あ、それとタバコなんて言語道断。
タバコに含まれる成分で細い動脈が収縮し、
お肌への血流が悪くなってしまいます。

==========================
c0128703_11274086.jpg

今年のベランダ菜園では、矮性(丈が高くならない)のミニトマトを植えてみました。もちろん、実は黄色ですよ! さて、どのくらいとれるかな?
[PR]
by tiger_yz | 2010-05-10 11:35 | 元気・健康・キレイでいる方法 | Comments(2)
東海・関西方面でマタニティスイミングコース続々開設!
GWはいかがお過ごしでしたか?
ずっといいお天気でよかったですね。
我がタイガースもなかなか好調で、気分爽快です(^^;;

今日は、私のライフワークであるマタニティスイミングコースのご紹介。
この春、私が関わっているセントラルスポーツでは、
東海・関西地区にマタニティスイミングコースを続々オープンしています。

暑くなるとスイミングは気持ちいいですよね。
お近くの方は、一度見学に行ってみてくださいね。
(詳細は各クラブにお問い合わせください)

==============================
◆セントラルフィットネスクラブ一社店
 465-0095
 愛知県名古屋市名東区高社1-93 アプリーテ星が丘 3F・4F
 052-776-1700
 http://www.central.co.jp/issha/facilities/index.html
<コース>
 水曜日 12時~13時
<料金>
 入会金無料 月会費8,400円(週1回×4回)
 ※チケット10,500円(4枚)
<最寄駅・交通手段>
 地下鉄一社駅(徒歩3分)、自動車地下駐車場完備(100台)
<メッセージ>
マタニティーからベビースイミング・ハッピーママビクス、又、キッズスイミング、体操、その他のカルチャーも充実してます。
地下駐車場から、クラブに繋がってますので、マタニティーの方でも安心して移動が可能です。

==============================
◆セントラルフィットネスクラブ岐阜
 500-8286
 岐阜県岐阜市橋本町2-8 濃飛ニッセイビル1・2・3F
 058-252-1002
<コース>
 土曜日 11:00~12:30
<料金>
 入会金 3,150円 月会費 7,350円
<最寄駅・交通手段>
 JR岐阜駅から徒歩5分
<メッセージ>
 駅前の立地で通いやすい環境です。

==============================
◆セントラルフィットネスクラブ都島
 534-0016
 大阪市都島区友渕町1-5-97
 06-6921-1201
<コース>
 水曜日、11:00~12:30
<料金>
 入会金3150円、月会費8400円
 チケット 4回10500円(3ヶ月間有効)
<最寄駅・交通手段>
 地下鉄 都島駅 徒歩10分
<メッセージ>
 全7コースあり、広々としたプールです。
 近くにはスーパーマーケットもあり利便性は抜群!!

==============================
◆セントラルウェルネスクラブ六甲道店
 657-0036
 神戸市灘区桜口町5丁目1-1-111 ウェルブ六甲道5番街 1番館
 078-858-6363
<コース>
 木曜日 10:10~12:10 検診時間 10:45~
<料金>
 入会金 3,150円
 月会費 8,400円
 チケット10,500円 4枚つづり
<最寄駅・交通手段>
 JR 六甲道駅南へ
<メッセージ>
 25M、8コース 開放感のあるプールで水中エクササイズ・ストレッチを行ないます。水中は、身体にかかる負担が少なく、お母様への身体のストレスが解消されます。泳げない方でも、参加できます。

----------------------------------
また新規オープンクラブがあったらお知らせします!
[PR]
by tiger_yz | 2010-05-06 14:09 | お知らせ | Comments(0)
化粧品の宣伝「お肌の奥まで浸透」は本当か?
GW。やっと行楽日和になりましたね。
いかがお過ごしですか?

この季節、意外に紫外線が強いので、
しっかり対策をしておかないと、日焼け、シミ、ソバカスに悩むことになりますよ!

さて、これから折に触れて書こうと思っているのが、
健康や美容に関する広告・宣伝の「ウソ・ホント」。
「ウソじゃないけど、よく見てよく考えないとまんまと引っかかる」
ってなことにもなりがち。
で、解剖生理学的にどうなのか、と、説明していこうというわけ。

今回は、「お肌の奥まで浸透」という文句について。

この表現、すごくずるい(^^;;

「奥まで」と言われると、皮膚の奥の奥まで、
表面の表皮から、その下の真皮まで、はたまたその奥の体内にまで、ぐぐぐーーーーっと入っていく感じがしません?
でも、そんなワケな〜い!

---------------------------------------------

皮膚の構造については、また改めて詳しく書きますが、
ここではざっくりね。

皮膚は、表面の表皮と、その下の真皮にわけられます。

表皮は、外界からの刺激からからだを守り、
体内の水分が失われるのを防いでいます。

真皮は、コラーゲンやエラスチンというたんぱく質で皮膚の弾力を保っています。
神経や血管が豊富に分布していて、毛包や汗腺があるところ。

---------------------------------------------

そもそも人の皮膚(表皮・真皮)は、ほとんどの物質を通しません。
ごく小さい分子の物質や脂質はある程度のところまで到達するけど、
水でさえ、ほとんど浸透しません。
だって、皮膚が水をどんどん吸収するんだったら、
長湯したり、1時間もプールで泳いでたら、
皮膚が水を吸って水ぶくれになっちゃうはずでしょ?
そんな人、います?
(あまりに長いと、手のひらや足の裏はふやけるけどね)

んで、化粧品の広告の「お肌の奥まで浸透」という文句ですが..。

実はね、広告によってはよ〜く見ると「浸透は角質層に限られる」ってな文字が小さく書いてあることがあります。
これがミソなんだよねぇ。小さい文字、ってところがまたずるい。

角質層というのは、
表皮のさらに一番表面の、ごくごく薄い層のこと。
この角質層に浸透すると言うのなら、
それは多少アリです。

角質層というのは、表皮の一番下の層(基底層)で生まれた皮膚の細胞が、
徐々に表面に押し上げられていき、表面に達したところ。
細胞としてはすでに死んでいて、
もうすぐ“アカ”になって落ちる運命にある。
“元細胞”が何層も重なって層になっていて、
“元細胞”の間は、細胞間脂質と呼ばれるもので満たされている。

満たされているとはいえ、ほんの少しのすき間があったり、
乾燥したり細かい傷がついて“元細胞”がめくれたりしていれば、
さらにちょっとすき間ができたりする。
そのすき間には、脂質や少しの水分、分子の小さいものなら多少入ります。

ただし、その下の層や、増して真皮には、ほとんどの物質は浸透しませ〜ん。

で、この角質層、どのくらいの厚みがあるかご存知ですか?
なんと、たったの0.02〜0.05mm。
ちょうどラップくらいの厚さなんですと。

だから、仮に角質層にはちゃんと浸透する化粧品だとしても、
それを「奥まで浸透」と表現するのはどうなのか、と。

ま、「角質層までです」と注釈がついていれば、
ウソをついてるわけじゃないし、
角質層やその表面に保湿効果のあるものを塗るのは、
皮膚の健康のためには良いことなんだけどさぁ。

ちゃんと、その意味を理解して使ってくださいましね。
(皮膚の構造や生理、皮膚を健康に保つための方法については、また詳しく書きますね)

=============================

c0128703_13205265.jpg 先日買った椎茸の中に、ハート型のがありましたよ〜。うふふ。美味しくいただきました。
[PR]
by tiger_yz | 2010-05-03 13:36 | 元気・健康・キレイでいる方法 | Comments(0)