ナースやすこの健康プラス
<   2009年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧
顔を変えるのは整形外科にあらず(診療科の分類は難しいね)
Excite エキサイト : 社会ニュース
2009年11月10日 22時51分 ( 2009年11月11日 02時43分更新 )
<市橋容疑者逮捕>沖縄向かう途上 「市橋か?」「はい」


市橋容疑者が逮捕されましたね。よかった。
リンゼイさんのご家族が、「日本の皆さんにありがとうと言いたい」とおっしゃっているのを見て、「いやいや、ほんとにごめんなさい。あんなことになっちゃった上、容疑者は取り逃がすし、3年近くも捕まえられなかったんだし..」と申し訳なく思ったり。

顔を整形して逃亡をはかっていた市橋容疑者。
このニュースで、なんだか整形外科と形成外科がごっちゃごちゃになっていて、
「おいおい、報道だけはしっかりしてくれ〜」と何度も突っ込んでますわ。

ということで、今日は整形外科と形成外科のお話。
これ、ほんと紛らわしいですよねぇ。

手術で顔を変えることは「整形」って言いますよね。
でも、それをするのは整形外科ではなくて形成外科。

整形外科は、骨や筋肉、関節のケガや病気を治すのが専門なんです。
つまり、骨折やねんざなどのケガ、腰痛や膝の痛み、筋力が弱ったとか、関節の動きが悪いとか、そういうことを診るところね。神経とも関係が深い。

一方の形成外科は、美容外科関係がイメージしやすいと思うけど、それだけじゃない。
生まれつき、または事故や病気で身体のどこかの形がおかしくなってしまって、痛みなどの症状がつらかったり、生活行動に支障が出てしまっているものを治すところ。
たとえば、ひどくぶつけて頬や鼻の骨が折れて変形しちゃったのを治したり、
ひどいやけどをして、傷跡がケロイドになってしまったために、その部分の動きが制限されて、生活に支障が出ているような人に、手術をすることで正常な動きを取り戻させてあげるとか。

美容のためであれば保険はきかないけど、
病気やけがなどが原因で、生活に支障が出ているようなものの場合は、保険も適用されますよ。(テレビで「形成外科は保険がきかない」って言ってた人がいたけど、違いまっせ)

このあたりの話、右でも紹介している「ナース30人のホンネ!あなたが病気になったとき」にも詳しく載ってます。ぜひご一読を。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
しかし、今回の市橋容疑者の場合、
最後に鼻でしたっけ?の手術をした病院のスタッフが、
ホクロをとった跡(痕)に気づいて通報したっていうけど、
お手柄ですよねぇ。よく細かいところに気づいてくれたと思う。

一方で、最初に形成手術をした病院には、やっぱり道義的責任があると思う。
太ったり、髪型を変えたりとかはあったかもしれないけど、
最初に手術したところには手配写真の顔が現れたはずなんだから、
気づかないとねぇ。

単に気づかなかったとか、
おかしいなと思ったけど「ま、いっか」で手術をしちゃったとすれば、
結果的に逃亡を助けることになっちゃったわけで、責められても仕方ない。

だいだい形成外科の場合、
常に何かの犯人が顔を変えにやってくるかも知れないわけだから、
指名手配の写真とか、常に気にかけておいて欲しいですよね。

または、もぐりとか、無資格のヤミ美容形成外科医だったのかな..

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-
c0128703_10521559.jpg
ベランダのトマト、放っておいたら(水だけはあげてる)、また花が咲いて、実がなっちゃったよ。おもししろいから、このままにしておこう... って去年も冬に実がなった気がする..(基本、ほったらかしの“ズボラ園芸”なのであります)
[PR]
by tiger_yz | 2009-11-11 10:58 | 病院・医者選び | Comments(2)
タバコ税の増税、大賛成!!
民主党から、タバコ税を増税して1箱600円〜800円くらいにしたらどうかという意見が出てますね。
私、大賛成です!

喫煙者の数は、年々減ってはいるんですよね。
JT(日本たばこ産業株式会社)が今年の8月に発表したところによれば、
2009年5月現在の全国の喫煙者率は、男女あわせて24.9%(前年から-0.8%)で、男性は38.9%(前年から-0.6%)、女性は11.9%(前年から-1.0%)だったとか。

..いつも思うんだけど、女性ってほんとに10%台かなぁ.. 
もっといる気がするんだけど(^^;;

タバコは「百害あって一理なし」ってことはわかってる。疑いなし!
だから、タバコの価格が高くなって、喫煙者が減るのはぜったいいいことだ。

それに、800円くらいだと、買う人は少なくなる一方で、それでも吸い続ける人はいて、税収入はむしろ多くなるという試算もされている。それなら一挙両得。いいじゃんか。

だいたい、タバコは生活必需品じゃないんだからさ。
野菜や肉が高くなるのは困るけど、タバコや酒、貴金属とかブランド品などの嗜好品や高級品は、税率を高くしていいんじゃないかなぁ。

民主党もさ、「タバコの増税は健康のためだ」なんて意固地にならないで、健康のためでもあり、税収入の増額も狙っちゃうよん、ってはっきり言えばいいのに。

自動販売機設置数も減っているとか。
TASPOの導入の影響か、自販機での売上げが減っていて、タパコ屋さんが自販機に頼るのをやめて、対面販売に切り替えるケースが増えているらしいね。この現象も歓迎。

TASPOの導入で子どもは自販機では買えないから(建前ははね)、未成年者が喫煙し始めてしまうのをある程度は抑制できる。(でも、TASPOを子どもにお金をとってレンタルする不届き者の大人もいるそうな。)
でもね、自販機が存在すること自体が子どもに悪影響を与えていることを無視してはいけないと思うんですよね。
前に、子どもの禁煙対策に取り組んでいるドクターにインタビューしたときに、その先生が言ってた。
「きれいにディスプレイされ、子どもも大好きな飲み物の横に置かれたタバコの自販機は、子どもたちに『タバコは素敵でかっこいいもの』というイメージを植え付けてしまう」って。
そして、タバコを吸うという行為に対するハードルを低くしちゃうんだよね。

夜中まで電気がついてるのもエコじゃない。
日本ほど自販機が町にあふれている国は、他にあんまりないそうじゃない?(よく知らないけど(^^;)

タバコの葉を作っている農家の問題とか、いろんな問題がからんでるんだろうけれど、とにかくタバコ増税大賛成。
ついでに、歩きながらの喫煙とか、ポイ捨てとかも、もっともっと厳しく規制してほしいね。..っていうか、喫煙者も“喫煙者の権利”を主張するなら、マナーをちゃんとしてほしいんだな。

================================
c0128703_10592837.jpg
パトラちゃんですよ。おねむねむ〜。
[PR]
by tiger_yz | 2009-11-09 11:05 | 雑感 | Comments(10)