ナースやすこの健康プラス
<   2009年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧
おやつタイム。さつまいもの米粉蒸しパン
今日はちょっとお軽く。
おやつのレシピ。

少し前に買っておいた米粉。
ケーキに混ぜて使ったりしていたんだけど、
無性に米粉だけの蒸しパンを作りたくなり。

美味しかったのでご紹介(*^O^*)

【材料(6個分くらい)】
・米粉 100g
・ベーキングパウダー 小さじ1
・砂糖類:さとうきび糖 30g + マービー(粉) 30g
・卵 1個
・サラダ油 大さじ1
・豆乳 50cc
・さつまいも 中1本くらい(かなぁ..小2本?..お好みで大丈夫です)

マービーとは、以前にもご紹介した血糖値への影響が少ない糖のこと。さらにちょっと低カロリーだし、味はスッキリ系で人工甘味料のような独特の味はしないので、お菓子作りなどによく使います。おススメです。

【作り方】
(1)さつまいもの皮をむき、1cm角くらいに切って、さっとゆでる
(2)ボールに卵を割り、糖類(さとうきび糖とマービー)を入れてすり混ぜる
(3)上に、サラダ油と豆乳をとうにゅう(投入..うひひ)
(4)さらに粉類(米粉とベーキングパウダーは混ぜておく)を加えてよく混ぜる
(5)さつまいもの2/3くらいを混ぜ込む
(6)型(うちはプリン型にカップケーキ用の紙を敷いて利用)に均等に入れて、上に残りのさつまいもを散らす
(7)よく湯気の立った蒸し器に入れて、15分くらい蒸す

c0128703_02711.jpg米粉は、ダマになりにくいし、多少混ぜすぎてもグルテンはできないので、ふるいにもかけず、そのままドサッと入れちゃいました。そしてグリグリ。

生地は、「これでいいの?」ってくらいにトロトロですが、大丈夫ですよ。
型には、ふくらむことを考えて、目一杯入れないように。
さつまいもの量は、適当でどうぞ。

ふんわり&ちょっともっちりで、甘さはスッキリ。
翌日だったらちょっと電子レンジでチンすると美味しいかもです。

+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-+-
ただいま、最近買った新しいホームベーカリーでのパン作りに奮闘中。
前の機種と違って、今度の機種は、
材料の温度とかにかなり神経質で(ってか、前の機種がおおざっぱだった?)、
まだごく普通の白い食パンで、いくつかのコースを試しつつ試行錯誤してます。
でも、前の機種よりきめが細やかで、
もちもちした「いいパン」が焼けるなぁ、という感じですね。
本当は、常に10%くらいライ麦を入れて焼きたい
(さらにゴマとかくるみとかを入れて)ので、
早くアレンジ編に突入したいやすこなのでした。
[PR]
by tiger_yz | 2009-06-29 00:45 | 雑感 | Comments(2)
何を人の死とするかは自分自身の意志
Excite エキサイト : 社会ニュース
2009年6月18日 20時20分
臓器移植法改正案、A案を可決—衆院


臓器移植法の改正案が衆院で可決されたのを受け、
ワイドショーなどでも関連の報道があちこちでなされてますね。
その中ですごく気になったものが..

某局の番組内で、一方では臓器移植を待つ女児とその家族を、
それに対比させる形で、
脳死状態と診断されたものの人工呼吸器をつけて生きている子どもを自宅で献身的に介護している家族をレポートしてました。

このレポートの構成にはものすごい違和感を感じました。
この2つのご家族の様子は、「対比させる=180度反対に位置するものとしてとりあげる」ものではない! と、私は思います。

今回の臓器移植法の改正案では、「脳死を人の死と認める」としていますが、
これは「脳死状態になったらもう死んでいるんですよ」と法律で決まった(参院通過はまだですが)という意味ではありません!

「脳死は人の死だ」と考える人とそのご家族がいて、
その本人が不幸にも脳死状態に陥ったときに、
本人の意志を尊重して、家族が脳死判定を医師に依頼し、
脳死と判定され、臓器を提供する..

そういう意志と行動をする権利が認められるということ。

その一方で、「脳死は人の死とは考えない」という人とそのご家族がいて、
脳死状態かも知れないと言われても、「いいえ、心臓が止まるまで生きています」
と宣言することも、100%認められ、保証されるのです。

この法案が参院を通ったら、全ての人がしなければならないと思うことが3つ。

1つは、脳死や心臓死について、基本的なことをちゃんと勉強すること。
世間話で「脳死でも生き返ることがあるらしいよ」なんて話を小耳にはさんだから..
などという程度の情報で、自分の考えを決めてはダメ。

たとえばWikipediaによれば、
脳死とは、「脳幹を含めた脳すべての機能が不可逆的に(もう元には戻らない)廃絶した状態」としています(一部改変)。
つまり「脳死から生き返ることはない」わけです。
生き返ったとしたら、それは脳死ではないんですね。

2つめは、脳死について勉強してみて、家族などとも話し合った上で、
自分はどう考えるか、意志決定すること。
そしてその意志は、臓器提供意思カードに記入し、
家族にも伝えておくこと。
「私は脳死を自分の死としない。臓器提供もしない」という人も、
その意志をちゃんと示すことが必要です。

第3に、心臓死を人の死と考えるか、脳死を人の死と考えるかという
個々の意志や心情、思いは、100%それを肯定すること。
つまり、他人がとやかく言う権利はないし、本人の意志は完璧に尊重されるべきなの。

自分の意志を尊重してほしければ、自分も他人の意志を尊重しなくちゃね。

病院の医師だって、本人やご家族が脳死判定や臓器提供を望まないのに
「臓器移植のためにぜひ!!」などとゴリ押しすることはぜったいにない。
「臓器提供をしたい」という申し出があれば、それをするということ。

だから、先の「脳死状態と診断されている子どもを介護して生活しているご家族」も、
100%肯定されるし、それは尊いことであり、暖かい家族の気持ちにあふれたものだと尊重されるべきなんですね。

ちなみに私は「脳死を人の死」と考えてます。
臓器提供意思表示カードも持ってるし、家族にもそれを伝えてある。

命をどう考えるかは、個々の気持ちやポリシー、人の死に直面した経験や、
宗教、文化などが複雑にからんだ問題です。
でも難しく考えずに、シンプルに自分の心が何と言っているかに耳を傾けてみましょう。

c0128703_10215019.jpg
梅雨..ですかねぇ。関東はまだそんなに雨が降ってない気が.. 夏に水不足にならないか心配です。
[PR]
by tiger_yz | 2009-06-19 10:26 | 元気・健康・キレイでいる方法 | Comments(2)
関西に行ってまいりました(^^)/
おひさしぶりにてすんまそん。

実は、5月末に関西に行ってまいりました。聖地詣で(^^;;
「あのインフルエンザが流行してたところへ、助産師がっ!」と
ご批判の向きもあろうかと思いますが(^^;;

いや、それはちゃんとした判断と感染防止策に基づいてのこと。
5月下旬にはすでに関西以外の地域でも患者が報告され始めており、
すでに“どの地域に行っちゃだめ”とかいう問題ではなく、
いかにきちんとした感染防止策を講じるかという問題になったと考えたことと、
関西はすでに新規の患者発生も激減し、落ち着いてきていたことが主な理由。

それと個人的には、大好きな関西が経済的な打撃を受けていることに心を痛めており、
これはいっちょ関西に行って、いろいろ買って食べて、
関西の経済にほんのちょっと貢献しようではないかと思ったのと、
だって、ずっと前にチケット取っちゃってあるんだも〜ん! な感じで。えへへ(^^;;

で、こんな..。c0128703_11523356.jpg
タイガースマークのマスクね。
ま、おバカだと笑ってやってくんなまし。

私だけでなく、同行の身内も、電車の中、狭い通路の中など、人ごみの中ではマスクを着用。手洗いや、食事前のアルコールジェルでの手指消毒を徹底してましたよぉ。

ま、それで無事帰宅して、もう2週間以上経過しますが、誰も発症することはありませんでしたとさ。

..でも正直、感染しちゃったりしたら、ブログも書けないよなぁ、とか、いろいろ考えてました(^^; だから、潜伏期間を過ぎて確実に大丈夫とわかるまで様子を見てたというか..。いやいや、よかったよかった。

しかし、タイガースですよ。
トラじゃなく、ネコになっちゃってますね..。(T_T)
ま、それでも好きなんだもん。これはしょーがないのです。
これからも「アホ〜!」「コラぁ」「ボケっ!!」なんて言いながら、熱く生温く応援してまいります。あはは。

【余談】この日、対戦チームである埼玉西武の岸投手が、試合前、軽いランニングで調整してて、私たちの目の前まで来てまして。実は岸投手、好きなんす〜。去年の日本シリーズで惚れ込んで。かわい〜っ(*^O^*)。兄にどアップの写真も撮ってもらいました〜(^Q^) いや、実にオイシイ旅でしたm(_._)m



あ、そろそろ全国でマスクが店頭に並ぶようになってきましたよね。
流通している今のうちに、今後(秋冬)に備えて買い置きしておいたほうがいいですよ。
常に、最低でも1人20枚以上が備蓄してある状態を維持するように、
買っておきましょうね。

今年の秋冬も、ぜったいインフルエンザは流行ります。
ただ、どのタイプのインフルエンザが流行るかはわからない。
さらに新しいインフルエンザが出てくるかもしれない。
でも、私たちが日常生活の中でするべき備えは、どんなインフルエンザでも同じです。

人ごみではマスクをする、
外出から帰ったら手洗いとうがいをする、
流行期には、多くの人が触るところを触った手を、洗わずに口や鼻に持っていかない..とか。
それと、予防接種ですね。

今回の豚由来の新型インフルエンザの体験を教訓に、
みんなで秋冬のインフルエンザ流行期に備えませう。
[PR]
by tiger_yz | 2009-06-15 12:24 | 阪神タイガース | Comments(3)