ナースやすこの健康プラス
<   2009年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧
点滴って、やっぱり気持ち悪い
入院日記の続き。今日は点滴のこと。
タイトルの気持ち悪いってのは、吐き気がするっていうんじゃなくて、
嫌だなぁ、うっとうしいなぁ、という意味ね。

とにかく下痢がひどいので、腸を休めるために絶食にして、
水分と最低限の栄養を点滴で入れるというのが入院の目的だったわけで、
つまりは入院してからず〜〜〜〜〜〜〜っと、点滴しっぱなしだったわけです。
(退院の前夜だけ、カテーテルは留置したまま、点滴はなしで寝かせてくれたけど)

昔は、腕に刺さっている部分は金属の針だったし、
点滴中は腕を動かしちゃダメ、なんて感じだったけど、
最近では、血管に入っている部分はやわらかい素材になっているし、
腕などが曲がるところには刺さないのが普通だから、
点滴中でも、動きに特に制限はない。

とはいうものの、やっぱり気持ち悪いですね。
ほとんど痛みはないんだけど、ちょっと動いたりしたのをきっかけに、
刺さっている部分に、チリチリという感じのごく軽い痛みが走ったりするし、
なんてったって、ずっとつながれているのは、ホントにうっとうしい。

しかし、点滴ボトルを下げておくポール(点滴架台という)の車輪って、
なんであんなにうるさいんだろう!
ずっと水分を入れてるから、夜中でもトイレに行きたくなるんだけど、
点滴架台を押しながら歩くと、
ガガガ、ガ、ガガッ、ガガガーーーーッ!!

同室の患者さん、起こしちゃうよ。(^^;;

車輪の素材とか構造とか、ちゃんと考えて作ったら、
もっと静かになるんちゃうか、と思った。
下町の中小企業のおっちゃん、いかがすか?(^^;;

それと、ボトルが1本終わって、次のボトルをつなぐ時に、
チューブ内にちょっと残った空気が、何気にす〜っと血管に入ってくる....
めちゃめちゃ嫌!!(>_<)

いや、ちょっとだったら大丈夫なんだけどね。
もちろん看護師さんも、それを知っているから、
完全に空気が出てなくても、「こんなもんで」ってなもんで、
次をつないじゃうんだろうけどさ....

でもいい気持ちしないよ〜。
少しなら大丈夫、って知ってる私でもめっちゃ嫌だもん、
何も知らない患者さんだったら、パニックになっちゃうよ。

もし、これを読んでる看護師さんがいたら、
気をつけてあげてよね。

ずっと点滴してたから、ボトルを変えてくれた看護師さんは何人もいたわけだけど、
1人、すごく丁寧にやってくれた人がいて、嬉しかったなぁ。
自分が大事にされてるんだなぁ、って思えた。

私は仕事上、相手に点滴をするような機会はないけど、
私も患者さん(私の場合は妊婦さん)に対して、
誰にでも何事も丁寧にやろう、と思ったのでした。

c0128703_2103794.jpg
都心の白梅。もう咲き始めてるよ。梅が咲くと、あぁ、もうプロ野球もキャンプインだなぁ、と思うのであります。ケーブルテレビで日がな一日、キャンプ中継を眺める至福の日々。あぁ、阪神ファンって幸せ。(*^o^*)....そして花粉も飛ぶ季節..(^^;; そろそろ病院に行って、スギ花粉に備えねば..。
[PR]
by tiger_yz | 2009-01-30 21:13 | 病院の上手なかかり方 | Comments(0)
おからドーナツを作ってみた
突然ですが、今日はお菓子の話。
ちょっと前にテレビで、おからドーナツが美味しいお店の話題を見てから、
おからドーナツを作ってみたくて、軽くうずうずしていたのでありました。

で、作ってみました〜。c0128703_2026393.jpg

ついでにミスドで話題の米粉も入れてみちゃったよ。

外はカリッ!! 中はしっかりもっちり(*^O^*) 生地はかなり甘さおさえめだから、外にお砂糖をまぶすとちょうどいい〜(^_^)V



では、レシピ。
【材料】
おから(から煎りする)  100g
強力粉+薄力粉+米粉で合計 100g(1/3ずつという感じ) 
 ベーキングパウダー 小さじ2
砂糖 30g (ただし、ウチは血糖値に影響しにくいマービーを使用)
卵(M玉) 1個
豆乳 50cc
バター 30g(レンジで溶かす)

☆1/30加筆:100g分の粉の配合を上記のようにすると、“しっかりもっちり”の出来上がり。薄力粉50g+米粉50gにすると、“ふわっともっちり”の出来上がりになります)

【作り方】
1.おから、粉類、ベーキングパウダー、砂糖をまぜる。
2.卵をといて、豆乳と混ぜて粉に投入。レンジで溶かしたバターも粉に投入。
3.ぐりぐりと混ぜる。
4.まとまったらビニール袋に入れてしばらく休ませる。
5.手で3センチくらいの玉に丸めて、160〜170度の油で揚げる。
6.お砂糖(写真はシナモンシュガー。分量外。ここは普通の砂糖を使用)をまぶす。

c0128703_20443347.jpg
チョコもつけてみた(テンパリングなんてしてないけど(^^;;)



もっと、パサパサというか、モソモソした感じが残るのかなと思ったけど、
そんな感じはぜんぜんないですね。しっとりしてて、キメも細かいです。
丸めると、外側がきれいにつるんとするので、
揚げるときもあまり油を吸わないみたい。(^_-)☆

ちなみに、おからと小麦粉100gずつで比較してみると、
【おから】
カロリー 111kcal
食物繊維 11.5g

【小麦粉】
カロリー 368kcal
食物繊維 2.5g

お〜、おからは低カロリーで高食物繊維だ。いいじゃんか。

でも、だからといって食べ過ぎたら何にもならないよなぁ。(^^;
ま、スナック菓子よりはいいんじゃないか....ということにしておきましょ。
[PR]
by tiger_yz | 2009-01-23 21:02 | 雑感 | Comments(4)
私が入院した病院も乾燥してたなぁ〜インフルエンザ予防には加湿を!
インフルエンザ、本格的に流行り出しましたよ。
皆さん、外出時のマスクや、手洗いとうがい、やってますか?

Excite エキサイト : 社会ニュース
集団感染、加湿不十分か インフル患者106人に



これは18日の記事。
東京町田の病院でインフルエンザが集団発生し、死者も出てしまったというニュース。
どうやら、院内の空気が乾燥していたことも、
集団感染につながった可能性があるとのこと。
インフルエンザウィルスは、空気が乾燥していると元気になりますからねぇ。

私が入院していた病院も、空気はものすご〜く乾燥してました。
湿度計は見ていないけど(壁に乾湿球湿度計があったけど、湿球が乾いてたし(^^;;)
夜中に目が覚めると、唇とか口とかがカサカサで、
のどがいがらっぽくなって咳が出た日もあった。

..ここでインフルエンザが出たら、一発で集団感染だな..
と思ってましたわよ。

余談だけど、その病室、エアコンの音がこれまたうるさいんだわ。
シューーーー..... ガンッ!ぶぅぅぅぅぅぅぅうううううううううううんっっっ!! ががががが...   眠れねぇっての。  ..って寝てたけど(^^;;

インフルエンザの本格的流行はこれからなのかも。
ほとんどタミフルが効かないウィルスが出てきたっていうニュースもあるし、
うつらないように予防するのが一番ですわよ。

インフルエンザ予防のためには、室内の湿度は50〜60%にするのがいいんだとか。
皆様のご家庭や職場の湿度、このくらいありますか?

湿度計がないからわかんないもん、という方。
それじゃ、湿度計を買うことから始めないとね。

エアコンを使っているなら、やっぱり加湿器は必要ですよ。
家庭なら、台所で煮物やゆでものをして湿度を上げるのも一石二鳥ね。
洗濯物の室内干しも加湿になります。

のどの乾燥を防ぐにはマスク。
マスクは自分の飛沫を飛ばさないため、他人の飛沫を吸い込まないためと、
のどの湿度を保つためでもあるんですねぇ。

..えーと、今のうちの湿度は..70%以上!!?? ほんとかな。
でも、うちはエアコンはまったく使わないし(それでもなぜかあったかい)、
電気ストーブも入浴後に短時間つけるだけだし、
湯たんぽを作るのに毎日朝と夕方にお湯を沸かしたりもするから、
そんなこんなで湿度も保たれているのかな..

話は戻るけど、入院していて冬に室内がえらく乾燥していると思ったら、
ぜひ看護師に言って下さいまし。何か対処してくれるかもしれない。

入院患者さん個人ができることとしては、枕元に水の入ったコップを置いたり、
濡れたタオルを床頭台とかにかけておくのもいいでしょうね。
それとマスク。入院中だってマスクはしたいよなぁ。
ちなみにマスクは使い捨てのものにして下さいね。
汚れたマスクを何日もしていたら、元も子もありませんから。

風邪やインフルエンザの症状が出た方は、
ぜったいに咳やくしゃみを他人に吹きかけないで下さいましね。
しゃべるだけでも飛沫は飛ぶので、人がいるところでは必ずマスクを。
咳エチケット(宮崎市のサイトを発見)の情報はこちらにわかりやすく書いてありました。

..それよりも、新型インフルエンザが出たらマジ大変だ、と
心底ビビりまくりのナースやすこなのでした。m(_._)m
[PR]
by tiger_yz | 2009-01-22 14:48 | 元気・健康・キレイでいる方法 | Comments(0)
絶食後の食事は、やっぱり“徐々に”でないと..
今回は入院日記の4回目。
入院4日目の昼から出た食事のこと..。

4日目の朝の回診で、
絶食で症状がおさまってきたので、「お粥から食べてみよう」ということになる。

で、昼食が運ばれてきたとき、私は目がテンに..

主食はお粥。全粥。どんぶりに1杯..
それとおかずに、お魚(サワラ)の焼いたの、野菜の煮物、
さつまいものつぶしたのと、なすのみそ汁、果物.. およそ500kcalと書いてある。

え..... 確かにお粥だけど、おかずは普通の食事と同じじゃないの??
イメージしてたのは、お粥と、せいぜいやわらか〜くした野菜とか
お豆腐がついてくる程度のもの。つまり、離乳食のような、ね。
そのイメージを完全に裏切る食卓..

下痢や腹痛がおさまっているとはいえ、
それは何にも食べてなくて腸が“空”だからであって..
いきなりこんなに食べていいのか? 大丈夫なのか??

でも、看護師は「落ち着いてるから、大丈夫よ」と言うし、
ま、一口食べるのも全量摂取もおんなじか、と思い、
空腹も手伝って、全部食べちゃった....

そして2時間半後、腹痛が来て少々下痢をしてしまう。
やっぱり無理だったのかも..と思いつつ、でも食べないと栄養不足だしとも思う。

夕食にはなななんと、牛肉と野菜のオイスターソース炒めが出たぞ(^^;;
ほんとにこんなものを食べていいのか..
おそるおそるだけど、食べちゃった..。
しかし、ここのみそ汁、めっちゃしょっぱい(>_<) 汁は残す。

夜中は点滴に入っているブスコパンが効いてるのか、
もやもやはするものの、下痢や腹痛はなく過ごせた。

5日目の朝はパンとおかず。ヨーグルトとフルーツもある。
またまたおそるおそるながら、大半は食べた。

昼頃になって、やや強い腹痛が何度か波のように襲ってくる。
昼食が来て食べ始めたものの、途中で激しい腹痛が来てはおさまるので、
中断しながらの食事になった。

やっぱり、ここまでの食事の内容が刺激が強すぎたんじゃないか..
おかずは煮た野菜程度のものだけ選んで食べることにした。

午後に少量下痢はあったものの、その後は下痢も腹痛もおさまってきた。
ほら、やっぱり食事がきつ過ぎたんだってば。
いきなり肉や炒め物はないよね〜。

夕食も、お粥と豆腐、茶碗蒸しだけ食べる。
ただ、豆腐はひき肉をくっつけて煮たものだったから、
ひき肉の部分をはがして豆腐だけを食べる。
しかしさぁ、ひき肉は脂肪分が多いんだから、腹痛の人にはしんどいんちゃうの..?

..おかげでその後は下痢も腹痛もなく過ごせた。ホッとする。
つまり、お粥とか豆腐とかなら、今の私のお腹は大丈夫だってことだ。
吐き気がないんだから、ブスコパンやそれに類する薬も、口から飲める。
だったら、もう点滴をずっとしている必要はないし、
家で安静にしている方が、ずっと自由はきくし、気分もイライラしない。

決めました!私、退院しますっ!!

で、医師に直訴して退院になったのでした。(^^;;
------------------------------------------------------------------

絶食のあと、初めての食事がいきなりフルコースとは、ホントにびっくりした。
その驚いた気持ちに正直に、もっとセーブして食べればよかった。(^^;;

どの病院も、普通食や全粥食のほかに、
糖尿病用、腎臓病用、肝臓病用などを準備しているのだろうけれど、
どのくらいの種類を取り揃えるのかは、
病院の規模や関係するスタッフの数などによって大きく違うと思う。

この病院の食事のシステムは知らない。
でも、もしかしたら、自分の施設内で作っているものの、
大きい病院ではないから、多くの種類のメニューを準備することはできないのかも。
だから、「全粥」は、単に主食をお粥にするだけで、
おかずは普通食と同じにせざるを得ないのかも..と思う。
それは仕方ないことだと思うんですよねぇ。

でも、腸炎で絶食してた人が食事を再開するときは、

医師のオーダーで「全粥開始」と出ました。
給食室から食事が来ました。配膳しました。はいどうぞ。..ってだけじゃなくて、
何かひとこと、指導があってしかるべきだと思う。

実際にメニューを見ながら、
「無理に全部食べなくてもいいですよ。最初はこの野菜の煮物とか
みそ汁のお豆腐だけでも、少しずつ食べてみましょう」とかね。

食事が出たら、全部食べなきゃいけないと思う人もいるはず。
全部食べても大丈夫な人もいるかもだけど、
無理に食べちゃって、そのあとまた症状が再発したら、ヘコんでしまう。

私の場合も、「いきなり食べるより、徐々にがいいよ」と看護師が言ってくれてたら、
少しずつ中身を吟味しながら食べた。
内科病棟で経験が豊富だと思われる看護師が「大丈夫だと思うよ」というのを聞いて、
「ほんとか?そういうもんなのかな」と思いつつも、勢いも手伝って食べちゃったわけで。

ま、「あんたも看護師なんだから、自分で判断しろよ」って言われそうなんだけどさ..
いや、おはずかしい。

今回の入院で実感。
消化器の病気で絶食してたあと、食事を再開とるときは、いきなり肉はやめましょう。
脂肪分や食物繊維が少なく、やわらかく消化の良いものを、少しずつ。
がベターだと思いますよ、やっぱり。

-----------------------------------------------------------

ちょっと余談ですが..
1日3本入ってた点滴は、種類によって違いはあるものの1本約200kcalだったから、
点滴だけで1日600kcal。
食事は毎食だいたい500kcal前後だったから、全部食べたら計1500kcal。
合計したら2100kcalになっちゃう。
運動もせず、ベッドの上でうだうだしているだけのおばちゃん(^^;;には、
このカロリーは多すぎる...。 これじゃ太ってまうやんか(^^;;

-----------------------------------------------------------

激しい腹痛と下痢、嘔吐、発熱などの症状が出るノロウィルス感染症が、
今年もぼちぼち増えてきているようです。
このウィルスはうつりやすいので、くれぐれもご注意を。
詳しいことは、厚生労働省の「ノロウイルスに関するQ&A」のページを見て下さいましね。
[PR]
by tiger_yz | 2009-01-11 15:24 | 病院の上手なかかり方 | Comments(4)
医師が病状や治療方針を説明してくれない【2】
まだお正月気分どっぷりで抜けられな〜いという方もいらっしゃいますかぁ?
そろそろ、さくさくっと、がんばっていきましょう。

さて今回は、入院日記の続きで、医師の対応について。
(繰り返しますが、担当医は楽しげでいい先生でしたので、私は何も怒ってませんよ)

前回、私の点滴に何を入れているのか説明してくれなかった話を書きましたが、そのあたりをもう少し補足。

入院した翌朝に、主治医が回診に来て、
「症状も落ち着いたから、ちょっと薬を変えましょう」
と言ったんですね。で、その日の夕方からの新しい点滴の中身に期待していたら、
点滴のボトルには薬剤の名前はひとつも書いてない..
ん? 薬は入ってなくて、点滴のベースのみ???

疑問に思いつつ、とにかく空腹に耐えるのみ...。くぅ〜っ。

夜中に次の点滴に交換。ボトルを見ると、今度はブスコパンと書いてあるぞ..。
なんだ、やっぱりブスコパンなんだ。薬の種類を変えたんじゃなくて、
投与回数を変えただけ?

しかし、点滴が終わるとものすごい空腹感が襲ってくるなぁ。
で、新しい点滴が落ち始めると、少し落ち着く。血糖値がちょっと上がるからだな..
微妙な低〜いレベルで反応してるらしい、私の満腹中枢。

翌朝(入院3日目)になってまた次の点滴。
あれ? またブスコパンが入ってないぞ。ブスコパンは夜中の点滴だけに入ってるのか..?

朝の主治医の回診で、昼からお粥を食べ始めてみようと言われる。
んん〜。食い物ぉ〜。でも食べたらまた下るんじゃないかと、ちょっと、いやかなり不安だ。
「食べ始める」と言われて、ドキドキしてしまい、薬の件を聞きそびれる。
ま、いいや、夕方にでもまた来るでしょ..

昼から食事が出たんだけど、その内容を見てまたびっくり..
その話はまた次回のお楽しみ..。

で、診断とか治療とか、外来でやった検査とかについても主治医に聞きたかったので、
午後になって看護師さんに
「○○先生は、また来ますか?」って聞いたら

「あ、先生は今日はもう帰られました。明日は研究日でお休みです」

は???? (・_・)....... なんだとぉーーーーーーーっっっ!!! (#`皿´)
じゃ、私のこの疑問はいつ誰が解決してくれるんだっ!!


これじゃ、あさっての朝までこの疑問は解決できない。
看護師に聞けばわかることもあるな、とは思いつつ、
やっぱり医師に聞くべきかな、とあれこれ考える..

翌朝(入院4日目)、
非常勤らしき医師が、「今日は僕が診察させていただきます」と回診に来た。
優しそうで、丁寧な先生だ。

私はこれ幸いと、入院前に外来でやった検査結果(実はこれが一番気になっていた)と、
そこから考えられることについて、あれやこれや質問。
先生は、「詳しくは主治医に聞いてくださいね」と前置きしつつ、
客観的に説明してくれた。要は、ウィルス感染による腸炎という見立てってことだ。
で、この時点でとりあえず納得..。

ところが、私としたことが肝心の薬物治療について聞き忘れた。
やっぱりボーっとしてるのかな。

午後になって看護師さんに
「朝来た先生に聞きたいことがあるんだけど、また来ますか?」と聞いた。
そしたら、少したって先生が息を切らして走って来てくれた。
「あ、あの、今外来中なんですけど、何か?」 だって(^^;;;;

......看護師のあほたれーーーーっ!! 私は何も、緊急の用事とは言うとらん!
なんで、
「何かお急ぎですか? 先生は午後は外来なので、
外来が終わったら寄ってもらうということでいいですか?」
と言わん!! こっちは入院中なんじゃ。どこにも行かんわ..(-_-;;
外来の患者さんにも迷惑かけたじゃないかぁ。

「あ、いや先生、急ぎじゃなかったんですけど、
現状の治療の内容について、ちゃんと確認したかっただけで..」と恐縮しまくりの私..

先生は、ま、せっかく来たから先にこの件を解決してしまおうと思ったようで、
ナースステーションにカルテをとりに行って戻ってきて
「1日3本の点滴のうち、1本だけブスコパンを入れてますね。」とのこと。..やっぱりそうか。
そして付け加えて、

「何か、トラブルでも..?」

「いやいやそんな、トラブルなんてぜんぜんないですよ。
ただ確認したかっただけで。すいませんです。気を使わせてしまって」

--------------------------------------------------------------------------------
要は、聞きたいことが、聞きたいときに聞けない、
またはいつ聞けるのかがわからないこの状況って、どうよ、と思うわけです。

ま、先生だって休みは必要。休むな、っていうつもりは毛頭ない。
でも、いつ主治医がベッドサイドに来るのか、いつまで勤務しているのかについて、
受け持ちの患者は知る権利があると思う。

それと、こういうのって内科の特徴なのかも、とも思ったりしました。
外科、つまり手術が目的での入院なら、
手術の前に、家族も含めて、どんな手術をするのか、
その危険度や合併症は、などなどの説明がある。
術後にも、手術がどうだったか、術後の方針や予測とか、
そういうことをしっかり説明する場を設けるのが普通。
(こういうのをムンテラといいます)

でも内科の場合、“手術”のようなイベントがないから、
なんとなく時間が流れて行ってしまうのかも..

でもでも、それじゃいかんでしょ。
内科だって、診断とか経過とか治療方針とかは聞きたいんだよ。
どこかで“節目”を見極めて、そこできちっと患者や家族に説明すべきだよね。

それと、ウチのような夫婦2人だけっていう家族の場合、
家族が医師に話を聞きたい場合はどうしろというのか..?

だんなが来られるのは会社が終わってからになる。
でも、その時間には主治医はいない..
会社を休んで病院に来いってか..。
ま、腸炎程度ではなくて、もっとしんどい病気ならそうしたのかな..

その意味でも、少なくとも、主治医がいつ病棟にいて話が聞ける状況にあるのかは
患者に対してオープンにしておくべきだよ。

看護師も、患者は常に医師に対して聞きたいことを抱えているのだということを
再認識してほしい。
看護師が説明できることもあるし、
患者が質問を抱えているということや、その内容を医師に伝えるのも看護師の役割だ。
「聞きたいことがあったら、いつでも看護師に声をかけて」と、
常に患者に言っておくべきだ。

その意味で、私が「もう帰る」と言ったのを受け止めてくれたうえ、
私の意思を主治医に伝えてくれた看護師のNさんには、とても感謝してる。
看護師はこうでないとね。ありがとうございました。

...こういう話、看護師の立場で本に書いたんだけどね..(^^;;
自分が患者として体験するとは思わなんだ(^^;;;;;
ページ右で紹介している『あなたが病気になったとき』をぜひぜひ読んで下さいまし。

c0128703_1112759.jpg
今日のお地蔵さん。明けましておめでとさん。今年もよろしくね。
[PR]
by tiger_yz | 2009-01-07 01:20 | 病院・医者選び | Comments(3)
あけましておめでとうございます
昨年は、最後に大乱調(腸)をやらかして、
えらくしんどい目にあいましたが、
友人いわく、「毒が全部、出たんでしょ」ということで、
2009年、新たに元気にスタートしたいと思っております。

またぼちぼちと、皆さんに役立つ情報やら
虎なニュース(^^;;やらを書いていきたいと思っておりますので、
本年もよろしくご愛読くださいまし。

c0128703_1411747.jpg
毎年、お正月は、母直伝のローストビーフを焼きますの。今年のローストビーフは、店員さんにそそのかされ、しっかり赤身(1.1kg)とちょっと霜降り(0.8kg)の2種類のもも肉で。どちらも美味しくできました。(*^O^*) あ、このお肉、どっちも100g170円くらいですから〜。安いでしょ、肉のハナマサ(^^)V
[PR]
by tiger_yz | 2009-01-03 14:28 | 雑感 | Comments(0)