ナースやすこの健康プラス
<   2007年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧
うんちの話[1] うんち6段活用
東京はそろそろ猛暑もやわらぐとか。ほんとかな。

これから、ときどき「うんち」の話をしようと思います。
いいうんちは、ちゃんと食べて、ちゃんとからだが働いている物的証拠。
ちゃんと食べて、飲んで、ちゃんと出す。これ、究極のデトックス。

さて、うんち話の第1話は、「うんち6段活用」
うんちの固さにはいろいろあります。それをどう呼ぶか。
「うんがん、うんせき、うんこ、うんち、うんでい、うんすい」という。

うんがんは岩のようなうんち、
うんせきは石のようなうんち、
うんこは固めのうんち、
うんちはちょうどいい、ふかふかのうんち、
うんでいは泥のようなうんち、
うんすいは水のような下痢うんち

いや、医学用語じゃないです。念のため。
私の造語ね。

ちなみに「UUU」というのもある。
「unbelievable ウルトラ うんち」 信じられないほどウルトラなうんち。

理想的なのは「うんち」。これを毎日ちゃんと出すためにはどうしたらいいか。
その話はまた今度ね。

c0128703_9274617.jpg
昨日、ミニトマトが10個とれました。
ちょっとすっぱいけど、トマトらしい味がする。
この間の暑さで、木がだいぶ傷んじゃったけど、
なんとかがんばってる。
あといくつ採れるかな。
[PR]
by tiger_yz | 2007-08-28 09:31 | うんちの話 | Comments(1)
朝青龍騒動に学ぶ。セカンドオピニオンとドクターショッピングはぜんぜん違う
朝青龍のケガや病気のことで、テレビや新聞が大騒ぎしてますな。

何人ものドクターが関わっているみたいだけど、
それに対してあるワイドショーの司会者が
「セカンドオピニオンというのもあるから、
 複数の医師に診てもらうというのも必要なのでしょうけど..」
みたいなことを言ってたけど..

その言い方だと、本来のセカンドオピニオンの意味とはぜんぜん違うと思うんですね。

セカンドオピニオンっていうのは、あくまで「セカンド」だから、
「ファースト(first)」つまり“主治医”がちゃんといるということ。
まず、主治医の意見に対してそれなりに納得した上で、
別の医師にも客観的な意見を聞きたいと思ったときに
セカンドオピニオンを求める。

で、実は一番大事なのは、セカンドオピニオンを得たら、
必ずその意見を持って主治医のところに戻るということ。


一方、主治医の意見が気に入らない、納得できないなどの理由で、
納得のいく意見を言ってくれる医師を求めて次々診察を受けるのは
ドクターショッピングという。

患者となる本人が、しっかり主体性を持っていることも大切。
もしも、本人が衰弱していたりして主体性を持つことが難しいなら、
家族など誰か信頼できる人が代理人になる。

朝青龍の騒動がごたごたしているのは、たぶん、
本人が主体性を持って問題に対峙しているわけではなさそうなうえ、
親方もその代理人にはなっていなさそうなこと、
そしてその結果(だと思うけど)、主治医がはっきりしていないこと..
なんでしょうねぇ。

セカンドオピニオンなどの話は、このブログの右に表示されてる私の著書
「ナース30人のホンネ!あなたが病気になったとき」にも
詳しく書いてあるので、ぜひ読んでね。

c0128703_1335495.jpg
写真は、先日打合せで行った飯田橋の駅近くのタバコ屋さんの煙突(?)
とってもレトロな感じの、ステキな建物でした。
でも再開発で取り壊されちゃうんですって。
なんだか残念。
[PR]
by tiger_yz | 2007-08-19 13:38 | 病院・医者選び | Comments(2)
価値のない命なんてないんだよ
今日は終戦記念日。
今日くらいは、命のことを考えてみよう。

何か悩みがあったり、
うまくいかないことがあったり、
幸せじゃないと感じて、ヘコんでしまったり...
そんなとき、ふと自分なんかいなくたっていいんじゃないか
自分なんて価値のない人間なんじゃないか、
なんて思っちゃうことがあるかもしれない..。

でもね、私たち助産師をはじめとした医療関係者にしてみたら、
この世に価値のない命なんて、ひとつもないの!

私たち助産師は、ママさんが妊娠したときから、
そのおなかの中に宿った小さな命が元気で生まれてきますように、
健やかに育ってくれますようにと、
できる限りのことをしたいと思ってがんばるの。

つまりその小さい命は、
まだママさんのお腹の中にいるときから、
私たち助産師や医師に、考えさせたり、がんばらせたりするという
すごい力を持っていてる。私たちに影響を与えているんです。

看護学生のとき、初めてお産を見学させていただいた。
あのときの感動は忘れない。
ちっちゃな命が生まれて、真っ赤になって、大声で泣いて、手足を元気に動かしてた。
ママさんは、さっきまで苦しそうにしていたのに、
こんな幸せな顔ってあるだろうかと思うほど、輝いてた。

そのママさんの名前もわからないし、
生まれた子が男の子だったか、女の子だったかも忘れちゃった。
でも、どこにいるかはわからないけれど、今ではもう25歳くらいになってるはず。
その子(ってもう大人だけれど)に、「あのときはありがとう!」と言いたい。

誰でもが、必ず生まれ、必ず死んでいく。
でもその間の命が、必ず誰かの役に立っていることを忘れないでほしい。

だから、戦争はイヤ。テロもイヤ。
自分の命と健康を大切にすることを、今日だけでいいから、じっくり考えてほしい。
[PR]
by tiger_yz | 2007-08-15 16:06 | 雑感 | Comments(0)
暑い!ぷるぷるお肌でいたいなら、水を飲む。
いやぁ、暑いですね。
水分。たっぷり飲んでますか?

人体の60%は水。
赤ちゃんはもっと水分が多いし、年をとると少なくなります。
どこかのドクターが、「老化とは、いわば乾燥である」とかって言ってたけど
なるほど水分が多い赤ちゃんのお肌はぷるぷる。

お肌をみずみずしく保ちたいなら、スキンケアだけじゃなく、
体内もみずみずしくしなくちゃだめ。
特にこの暑い季節は、全身の皮膚から、そして呼吸からも、
どんどん水分が失われる。

もしも、
●のどが渇いたなと思う
●おしっこに行く回数が少ない 
●おしっこの黄色が濃い(茶色や赤は病気かもしれないので病院へ!)
といった症状を感じたら、もしかしてもう脱水傾向になってるかも!

暑いときの水分補給のコツは、まとめてグビグビ飲むのではなく、
常にチビチビと飲むこと!

ただし、糖分が入ってる飲み物はダイエットの大敵なのでご用心を。

c0128703_1073962.jpg
ベランダのミニトマトが赤くなってきた。
でも、あまりに暑いからか、
葉っぱが次々とヨレヨレしてきて..
心配にょ。
[PR]
by tiger_yz | 2007-08-13 10:14 | 元気・健康・キレイでいる方法 | Comments(0)
はじめまして。ナース・やすこです(^^)/
ダイエットのこと、便秘や腰痛、生理不順、むくみ、冷えといったからだの悩みなど、
誰かに相談したいけど、病院に行くほどじゃない気がする...

そんなとき、隣近所に、友だちに、親戚にナースがいると、
ちょっと聞きたくなりませんか。
私のところにもちょくちょく相談の電話がかかってきます。

このブログでは、
気になる症状への対処や健康づくりの方法、
病院の選び方や医師との上手なつきあい方など、
皆さんがいつまでも健康で、キレイでいるための方法を
ナースの立場からいろいろご紹介できたらな、と思っています。

ついでに、面白半分でやってるベランダ菜園(^^;とか、
大好きな阪神タイガースのこと、
町で見つけた楽しいものなんかも、ご紹介しちゃいます。

ちなみに、写真は現在わが家のベランダで栽培中の「バナナピーマン」(^^;;
バナナじゃなくて、ピーマンね。
c0128703_16412950.jpg
これで10cmくらいかな。
まだ収穫していないので、味は不明(^^;;
これからオレンジになって、いずれ赤くなるんだとか。楽しみ。

では、どうぞよろしくね!
[PR]
by tiger_yz | 2007-08-09 16:53 | 雑感 | Comments(0)