ナースやすこの健康プラス
カテゴリ:気になる症状( 10 )
花粉症のレーザー治療を受けてきたよ(^^)V
東京は少し暖かい日があったりして、
そろそろ花粉が...とビビる毎日でございます。
全国の花粉症の皆さま、いかがお過ごしでしょうか(^^;;

で、前にチラッとご紹介した花粉症のレーザー治療。
受けてきましたよ、ダンナといっしょに(^^;;

うかがったのは、日本橋Fレーザークリニック(花粉症治療のページ)。

先日の某朝○新聞に、レーザー治療は1ヶ月くらい前にしないと効果がないからもう遅い、っていう記事が出てたけど、ここのクリニックのはそんなことないですよ。まだ間に合います

花粉症のレーザー治療には大きく2種類あって、
従来の、粘膜を真っ黒コゲに焼いちゃう方法は、
治療後2週間ほどはむしろ鼻が詰まったり、黒コゲが出たりするんだけど、
ここの治療法はそんなことはなく、1週間ほどで効果が期待できるとか。
そのあたりのことはこっちをご覧くださいましね。

受付して、
過去の病歴や服用中の薬の有無、現在の健康状態などについて問診票に記入後、
まずは藤井先生から問診と治療に関する説明。
治療の特徴と流れ、治療中から治療後に出ると考えられる症状、
治療後の経過や注意など。

ふむふむ。まぁ、5歳の子も受けた治療だっていうし、ま、大丈夫でしょう。(^^;
ダンナは「SFなんかに出てくるあのレーザーを、鼻にあてるなんてコワいじゃないかぁ〜」、なんて言ってましたが(^^ゞ

まずは鼻の粘膜表面の麻酔
鼻の穴からズボッと奥まで、麻酔薬のスプレーの先を入れ、
奥から外に向けて、何度か麻酔薬を吹き付けていきます。

スプレーを突っ込まれるとき、およよ、そんな奥まで!と一瞬思いますが、
別にこれ自体は何てことはないですよ。ご心配なく。

この治療では、粘膜の表面だけではなくて、少し深いところ(って言っても何ミリなんて深さでははなく、ほんのちょっとね)までレーザーが届くため、表面の麻酔だけでは「完全に無痛」というわけにはいかないそう。
でも、ひどい痛みではないらしいので、大丈夫かな、って感じ。

ただ、ここで私は失敗(^^ゞ
麻酔薬がのどに少し落ちていくので、
のどに貯めずに吐き出すか、飲み込んじゃうかしてください、と言われたので、
私は飲み込んじゃったんですが、
...飲み込まなきゃよかった(T_T)

のどに麻酔が効いちゃって、のどがつまったような感じになって
(気道がふさがることは絶対にありませんからご心配なく)、
のどの奥に指を突っ込んだときみたいにオエッとしちゃったんす。(T_T)
..治療自体より、そっちが嫌だった(´Д` )

麻酔が終わり、いよいよレーザー照射
器具は思ったよりずっと小ちゃくて細い。(^^;
コワさはないね。うむ。

レーザーをあてている間、息は口から吸って、鼻から出す。
少しコゲたような匂いがするのを吸い込まないことと、
鼻から息を出すことで鼻腔内の冷却にもなる、と。

実際、痛みは平気です。
熱いような、ちょっとチリチリするような、
ぐーと押されるような、押してぐぃ〜と引っ張られるような、そんな感じだけ。
ビクッとするような痛みはありません
..え〜っとね、歯医者がなんとかなるなら、こっちはぜんぜん平気ですよ、きっと。

余談ですが、途中、両方ともほぼ同じような場所で、
なんだか気持ちイイ(*^。^*)場所がありましたねぇ。何だろ?(^^ゞ

看護師さん(って後輩ですが(^^;;)が、「あと少しで〜す」って言ってくれたのが、
すごくホッとしましたねぇ。

片方が終わったあと、前述の「オエッ」があって、涙目。(>_<)
でも治療自体の痛みは平気だったから、はい、次つぎ〜。

もう片方も同様に無事終わり。
麻酔から終了まで数分程度かな。

終了後、別室でしばらく休憩
時間を見て、まずは水を一口飲んでみる。問題なし。
冷たい水が気持ちよかった。

治療後は、水泳で鼻に水が入ったときみたいなツーンとした感じが少し強くあったのと、
上あごからこめかみあたりにぐわーんとした鈍痛のようなものがあった。
なんか、オエッとしたので若干ヘコみ、元気がなくなる私(´Д` )

痛み止めを飲むかと聞かれたけど、それほどじゃないので飲まず。

処置室のほうから、治療中のダンナの声がする。
「なはははは」とか笑ってるわ(^^;

時間とともに麻酔がとれてきて、ツーンとした感じも少しずつ弱まってくる。
ダンナも治療が終わり、戻ってきた。
ダンナは麻酔薬を吐き出したので、舌がしびれてるって言ってた。
治療中も平気だったらしく、私より余裕カマしとる。(ちくしょー悔しい(^^;;)

20分ほど休憩して、だいぶ元気を取り戻したので、支払いをして帰宅。
保険がきくので、治療費は6000円程度。
これで今シーズン、楽に過ごせるなら...、と期待大。

鼻のツンツンと、上あごのぐわーんは、ほぼとれるまで2〜3時間かかったかな。
その後、丸2日くらい、上あごの奥に感覚が変な(麻酔が効いているような)
場所があったけど、それも今は完全に消失。

治療後、3日から1週間程度、鼻水が出ることがあるとのことで、
鼻水を止める薬をもらってきたものの、
治療直後に少し鼻水がにじむかな、と思った程度。
3日経過した今日は、鼻水もほぼ「ナシ」で、薬は飲んでません。

さて、これで今年の花粉症の症状はどうなるでしょうか?
症状がまったくない状態で治療をしたので、その効果はまだ不明。

「目がかゆいけど、鼻は平気」という状況になれば、
レーザーの効果をはっきり実感できるのでしょうけどね。(^^;;

基本的には、1回の治療で7割くらいの人が効果を実感できて、
2回目で残りの5割の人に効果ありとか。

期待はふくらむぅ(^^)V
また随時、経過を報告いたしますね〜。

※繰り返しますが、この治療なら「今年はもう遅い」なんてことないですよ。でも、あまり遅くならないほうがいいのは確か。毎年つらい方は、検討してみてはいかがでしょう?
[PR]
by tiger_yz | 2011-02-07 13:17 | 気になる症状 | Comments(0)
健康診断の「尿たんぱく」を放っておいてはダメ!
もう今年も残すは4日。あぁ、今年も大掃除が小掃除に..(^^ゞ
皆様、いかがお過ごしですか?

実は少し前に、看護師さん向けの雑誌の取材で聞いた内容が、
「これは看護師さんだけじゃなくて、一般の人にも知ってもらうべき!」と
思ったので、その話をば。

皆さんも、尿検査を受けたこと、ありますよね?
学校や職場の健康診断にも必ず入っていますしね。

そしてその結果、
「尿たんぱくが陽性(+以上)」と言われたことがある方、
さらに、それをほったらかしにしてる方、いませんか?


それ、ヤバいかもです!!

尿たんぱくが陽性というのは、たんぱく質が尿に出てますよ、という意味ですね。
でも、たんぱく質は本来、尿をつくる腎臓が正常にはたらいていれば、
尿にはほとんど出て来ません。
それが出ているということは、「腎臓が、何か?」っちゅうことなわけです。

でも今までは、尿たんぱくが「+(ワンプラス)」程度で、
他の血液検査などに問題がなければ、
「ま、疲れでしょうかね」とか「また次の健康診断の結果をみてしましょう」
と言われる程度だったり、
「3ヶ月か半年後に再検査をしてみるといいですね」と言われても、
なんてことないよ、と放置しちゃったり、ということもあったのでは?

それ、ヤバいかもなんです!!

腎臓の病気にはたくさんの種類があって、病名とかその経過とかがとても複雑で、
なんともわかりにくい(腎臓専門医でない医療関係者にとっても)ものなんですね。
でも、進行すれば慢性腎不全になり、
人工透析や腎移植が必要になるという点は共通。
そうなると、生活も体調もしんどくて大変。

そこで、腎臓の病気をできるだけ早く発見して、
慢性腎不全になるのを少しでも遅くするために、
一般市民の皆さんにもわかりやすい概念ができたんです。

それが「慢性腎臓病(CKD)」

なんともざっくりとした名前ですが(^^;;

そして、この病気の診断に重要なのが「尿たんぱく」。
尿たんぱくが陽性の状態が3ヶ月続いたら、
それはもう「慢性腎臓病(CKD)」なんです!

「慢性腎臓病(CKD)」には1から5までのステージがあって、
尿たんぱくの陽性だけで、腎臓の機能を知る別の検査結果にほとんど異常がなく、
ステージが1とか2の段階ならば、まだ治すこともできます。
でも、ほったらかしにしておいて、気づいたときにはすでにステージ3だった、
なんてことになると、もう完治は難しい。
その状態を保って、うまく生活していくことが主眼になります。

だから、健康診断の結果、「尿たんぱくが陽性」と言われたら、
必ず再検査(3ヶ月以内に)を受けてくださいましね。


..ちなみに、慢性腎不全で新たに人工透析を始める人は、年間で3万5千人以上。
人工透析をすると、1人年間500万円以上の医療費がかかります。
1ヶ月間に透析を始める人が約3000人、1ヶ月の医療費が約42万円として、
この3000人の方が、透析を始めるのが1ヶ月先になれば、
それだけで12億円の削減になる!

私たち個人個人が、慢性腎臓病(CKD)を予防したり、
早期発見して慢性腎不全になるのを防ぐ努力をすれば、
確実に医療費は減らせるということなんですね。

==================================

c0128703_10255813.jpg
これ、「今」の写真なんすよ。ベランダでトマトが実ってます。ビニールハウスもなしで。バタバタしてて、ベランダ菜園のお手入れがぜんぜんできてないんだけど、気づいたらこんなことに(^^;;
ちゃんと色づくのかな.. こうなったら、このまま放っておきますわ(^^ゞ


==================================
2010年1月2日 tom-sou-yaさんのコメントに対して加筆します。

tom-sou-yaさん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

..そうですね..
tom-sou-yaさんがそのように受け取られたのは私の言葉足らずです。
すいません。

でもね、すでに人工透析や、その他の難病などで公費で治療を受けている方は、
治療費(税金)がかかると言われても、
自分が悪いと思うことなんて、ぜんぜんないです。

予防など考えようがない、100%不可抗力の病気もあるわけですし、
そうでなくても、病気になったらどんな場合でも治療が必要なわけで、
たとえばそれが公費ですべき治療なのであれば、
それは国民みんなで支えていくべきなんです。
公費とされるだけの意味があるわけですから。

私が思うのは、
この記事のように、ある程度予防が可能だと現代の科学でわかっているのに、そんなの知らないとか、知っているけど別に関係ないじゃんと思うといった理由で予防しないでいるとしたら、その行動は「ダメ」と言いたいということです。

でも、どれだけがんばって予防しても、病気になってしまったとしたら、
それを責めるべきではありません。

..私たち医療者はそう思っているけれど..
一般の方がこの記事を読んだら、
医療費がかかる病気が悪いみたいに読めちゃうかもですね。なるほどです。
そういうことも含めて、これからちゃんとした情報を発信しないとですね。
今後とも、私を監視しててくださいましね。ありがとうです。m(_._)m
[PR]
by tiger_yz | 2009-12-28 10:35 | 気になる症状 | Comments(2)
それはそれはピーピーでございました【下痢】
やっとこさ、下痢止めの服薬から解放され、
大腸のあたりに若干の不安定感を残しつつも、
そこそこいいうんちが出るきざしが見えてきました(^^;

いや〜、ほんとにひどかった。こんなの私も初体験。
今回はその経過と、下痢をした時の処置について。
なんか、胃腸炎も流行ってるみたいですから、何かの参考になれば..。

===========================
【1日目】
某日、晩ご飯のあと、便意があったのでトイレに。
始め(^^;は普通っぽかったんだけど、最後のほうがやや「ぴーぎみ」に。
ま、そういうこともあるわと、この時は特に気にせず。

しかし、少したったらまた便意と腹痛が..。
そして、ここから始まる怒濤の下痢攻撃。

トイレに行くと下痢、少しするとまた便意があってトイレに駆け込む、の繰り返し。
出るものは、泥状からどんどん水っぽくなっていく。
ただ、便意と腹痛は、出るものが出てしまえば一度はおさまる..。
5〜6回か、6〜7回か..くらい繰り返したところでやや落ち着き、
ま、明日には治るだろうと思いつつ、寝てしまう(寝られたということね)。

【2日目】
この日は休日。昼少し前にうだうだと起きる。
幸い、下痢はピタッと止まっている。
そのかわり、なんだか全身の節々が痛い..。
「熱か?」と思いつつ、実際には熱も測らず、ぐだぐだしていた。

午後になってだんなが私のおでこを触ったところ、
「なんか熱いよ。熱あるんじゃないの?」というので、
ほんじゃ測るべかと.. 37.7度。あるじゃん、熱。(^^;;
いや〜ん、昨日の下痢といい、熱といい、また風邪ひいたのぉ?..なんて思いながら、
引き続きぐだぐだと過ごす。

この日は下痢はまったくなく、熱も夜には37度程度に落ち着いた。

【3日目】
この日は日中仕事があったので、朝起きて食事して..と普通に行動。
朝から下痢も熱もなく、けっこう好調な感じ。
よかったよかった、大丈夫みたいだ。
仕事も普通にこなし、買い物をして夕方帰宅。晩ご飯も普通に食べる。

ただ、晩ご飯の少し前から、ちょっとお腹が張ってきていた。
下痢したあとで、ガスがたまったりお腹が張ったりすることがよくあるので、
どうせそれだろう、なんて思っていたんだけど..

晩ご飯の少しあと、便意と腹痛が..。
トイレに行ったらみごとに下痢。
そしてこのあと、ひどいときは数分、長くても30分もしないうちに次の便意が来て、
出るものは完全に水状態に。
回数はもう数えきれず..

からだを起こすと、腸内のものが重力にしたがって下に降りてくるためか、
すぐに便意が起きる。..そして「シャー」
だから、右を下にして横になっているしかない状態..。
ただ、この時点では腹痛はあまり強くなくて、
体調的にはけっこう元気な感覚..
腹が立ってくる..

「この下痢、なんか変だ..」
一度完全に止まったのに、またひどい下痢が再開したこともあり、
何か、自分のからだがコントロールを失っているような嫌な感覚に。
感染というより、何か腸の機能自体が変になっちゃったような不安感が。

【4日目】
この日も、前夜ほどではないにしろ、相変わらず下痢状態。
できるだけ早く病院に行きたかったんだけど、
繰り返される下痢のせいで、トイレの近くから離れられず、
徒歩10分の病院に行けない!!

午後になって少し落ち着いてきたので、すかさず病院へ。
消化器科の医師も、
「なんか、普通の経過じゃないよね。重大な病気が隠れてると嫌だから、
とりあえずいくつか血液検査してみよう。」と言う..。
(やっぱり私の体内で何か変なことが起きているのか??..)

下痢止めを処方され、
幸い吐き気が全然ないので、食事制限は特にしなくていいと言われて帰宅。

【5日目】
..ところが、下痢止めを飲もうが何をしようが、一向に下痢が止まる気配なし。
次の日は、少しずつ消化の良いものを食べながら、
一日中、下痢&腹痛と格闘する。
しかし、夜になって今度は腹痛のほうがひどくなってきた。
下痢も相変わらずで、前日に食べたものが全く消化されずに出てきた..。

薬を飲んでいるのにも関わらず、一気に悪化する症状に
ものすごい不安感に襲われる..
..このまま治らないのでは.. 何かとんでもない病気になってるのか..
だんなや家族に迷惑をかける.. 涙がちょちょ切れる。
明日、もう一度病院に行こう、と思う。

【6日目】
朝、若干症状がおさまっていたので、だんなには会社に行ってもらう。
ただ、自力で病院に行こうかとも思ったけど、
いつ腹痛が襲ってくるかわからないので、めっちゃ不安。
だからといって救急車を呼ぶ状況でもないし、タクシーってのもねぇ..
そこで、都内に住む自営業の兄に電話して車で来てもらい、病院まで送ってもらった。

そして外来で、「その下痢じゃ、脱水もひどいだろうし、
腸を休めるために絶食しないとダメだから、入院して点滴治療ね」
と言われ、入院決定....

c0128703_138138.jpg

下痢がひどいと、体内から必要以上に水分とミネラルが出てしまうので、脱水状態になることがあります。吐き気がなければ、スポーツドリンクなどで水分とミネラルを補給することが大切。でないと、脱水でぐったりしてしまう。
下痢だけでなく、吐き気や嘔吐もあると、吐くことでさらに水分などが失われる上、飲むのも難しいので、より早く脱水状態になってしまう。下痢と嘔吐とでは、失われるミネラルとかが違うんだけど、いずれにしても、そんな状態になったら自力でなんとかしようというのは難しく、点滴で補うのが一番なので、早めに病院へ。特に、子どもや高齢者の場合は、できるだけ早めに対処してくださいね。

年末年始、体調にはくれぐれも注意してくださいまし!!

..次回から、いよいよ入院日記でございます。
[PR]
by tiger_yz | 2008-12-09 13:35 | 気になる症状 | Comments(4)
激しい下痢で入院してましたm(_._)m
今回ばかりはまいった。
11/23の夜から始まった下痢が、
なぜか丸一日とちょっとの中断をはさんで、28日になっても止まらず、
絶食と点滴による栄養・電解質補給のため、6日間入院してました..とほほ。
今は退院して自宅療養中ですが、まだ私の腸の挙動は怪しげ...(^^;;

うんちの話で便秘のことばっかり書いてたら、私は下痢だってさ..。

何やらひどい下痢や嘔吐を起こす感染症が流行っているみたいですね。
私の場合、吐き気や嘔吐はまったくなかったので、
まだよかった気がするけど、
それはそれはみごとな下痢でした。完全に“水状態”でしたもの。

担当医によれば、何らかのウィルス感染による急性腸炎だろうとのこと。
ただ、何のウィルスによるものかの同定は困難で、
いずれにしても、対症療法で自然に治るのを待つしかないと..。

どこでうつったのかな..
ただ、だんなにはうつってないので、せめてもの幸い。

下痢や嘔吐は、食欲が落ちて食べられないというだけじゃなくて、
ものすごく消耗するし、
からだの中の水分やミネラル類もドバーと出ちゃうので、
脱水と電解質異常を起こしてさらに具合が悪くなっちゃうことがあります。

特にお子さんや高齢者は重症になりやすいので、
早めに受診してくださいね。
ちょっとでも変だなと思ったら、
平日の日中、普通に外来をやってる時間に受診しておきましょうね。
夜中や休日にいよいよひどくなって、
夜間や休日の救急に飛び込むというのも大変なので。

....今回の入院で、患者側の体験をしたことで、
いや〜、いろんなことを感じ、考えましたねぇ。
看護や医療の問題とか、
こんなときは患者や家族はどうしたらいいんだろうとか。

私でさえ、戸惑ったり困ったりしたのに、
医療の知識がない人はどんだけ不安だろうと
ホントに思いました。
これからは、しばらくそんな話を書いていこうかと思います。

ぼちぼちインフルエンザも来てるみたいですから、
皆様、年末に向けて、予防対策をしっかりしてくださいね!!
[PR]
by tiger_yz | 2008-12-05 13:33 | 気になる症状 | Comments(6)
尿路結石は寝ている間に育つ
尿管結石の結末..。過日、患者殿の最後の外来受診にくっついて行ってきました。

出た石を病院で分析した結果、やっぱり石はシュウ酸カルシウム98%で、
主治医からは、再確認の意味も含めて以下の指導がありました。

 1)とにかく水を飲むこと。これが一番大事
 2)シュウ酸を含むものをとりすぎない
 3)シュウ酸を含むものをとるときは、カルシウムもしっかりとる
 4)晩ご飯を食べてから、すぐに寝ない


..で、今回は、
4番の「ご飯を食べてから、すぐに寝ない」というのはどういうことか、っちゅー話です。

実は、「寝ている間には、濃縮された尿ができる」んですねぇ。
そこがミソ。

眠っている間も、昼間と同じようにおしっこができたら、
膀胱がすぐいっぱいになって、おしっこに行きたくなって目が覚めちゃう。
だからといって、生きている以上、
寝ている間にも体内で老廃物はできるから、
それを捨てるために尿はつくらなきゃいけない。

そこで、眠っている間は、尿に出て行く「水」の分を減らして、
濃縮された尿をつくる。
これは、抗利尿ホルモンというホルモンのはたらき。

何か(シュウ酸が入った食べ物を含む)を食べてすぐに寝てしまうと、
睡眠中は濃縮された尿がつくられるわけだから、
尿の中でシュウ酸とカルシウムが結晶をつくる可能性が高くなってしまう。

それに、寝ているから、尿が膀胱のほうに流れていくのも少しゆっくりになるから、
できた結晶が集まって石に成長する可能性も高くなっちゃう。

というわけなんですねぇ。

「食べてすぐ寝ると、太るからよくない」というのは
よく知られていることかもしれないけど、
尿路結石にもよくないんですね。

皆様も、上の4項目を守って、尿路結石を予防して下さいまし。

c0128703_1083780.jpg先日、イチゴがとれました〜。結局、だんなと2人でそのまま食べました(^^) 小さいし、形がいびつなのが多かったけど、それなりに(^^;; イチゴの味がしましたわ(ただし、味にばらつき多し(^^;;)。..ん〜、来年に向けて、どうしようかなぁ。それほどたくさんとれるわけじゃないし、ベランダも狭いし..。悩み中です(^^;;
[PR]
by tiger_yz | 2008-06-04 10:37 | 気になる症状 | Comments(4)
石が、出た!
ウチのMr.尿管結石の続報。

昨日、診察日だったんですが、その前日に、
石が出ましたっ!

ここ1〜2週間、下腹部のあたりの痛みや排尿痛、微熱、血尿なんかの症状があって、膀胱炎にでもなったんかいな..と思ったり。

それでも、痛いよぉ等々と弱音をはく氏に
「水飲んで、跳べ!」
と叱咤激励(いぢめてないよ(^^;;)していた私。

氏は、いつ出ても困らないように、
トイレでは、座って、“そこ”にトイレットペーパーを敷き、
恐る恐る出してたそうな。
そしてその日..。

ポンッ!というか、ぷりゅっ!というか、
そんな感じで出たそうにゃ。

すぐにピンセットで拾って洗い、CSIばりに写真を撮って、証拠袋に入れて保管。
翌日の受診日に病院に持参したところ、
先生も「これで全部出たと思っていいでしょう!」とのこと。
レントゲンにも、もう石らしきものは何もなし!

で、病院に石の一部を提出。石の成分を分析して、今後の予防のためには何が必要か、指導してくれるそうです。

いや〜、しかし、受診日の前日に出るなんて、
あまのじゃくというか、ふざけているというか、目立とうな石だ(^^;;

そしてその石はこんなものでした...

c0128703_102401.jpgひょえ〜、ギザギザ〜、トゲトゲ〜!! こんなものがガリガリ、ガリガリっと腎臓から降りてきていたんですねぇ。痛そ〜。(>_<;;
上の方の線は定規で、目盛りは1mmね。これで半分です。ここに同じくらいの石がくっついていて、細長い形だったんですが、洗うときに折れちゃって。で、その半分を病院に提出。

氏は、「もう2度と嫌だ。これからは水飲むぞ〜」と言ってました。読者の皆さんの何かの役に立つならと写真を提供してくれた氏は、「みなさんも気をつけておくんなまし」と言ってましたとさ。
めでたし、めでたし。(^o^)V
[PR]
by tiger_yz | 2008-05-23 10:34 | 気になる症状 | Comments(6)
尿路結石とカルシウム
以前、尿管結石の記事に対して、結石経験者の方から
「カルシウムのとりすぎが原因だったかも」とのコメントをいただき、
それは逆で、尿管結石の予防には、カルシウムはしっかりとってくださいね、
というコメントをしました。
今日はその詳しい説明をば。
ちょっちややこしいよ。(^^;;

<1>尿路結石の大半は、シュウ酸カルシウムでできている
シュウ酸は、ほうれんそう、タケノコ、紅茶、コーヒー、チョコレートなどに多く含まれる物質。カルシウムは、皆さんご存知ですわね。
この2つがくっついてできたシュウ酸カルシウムは、水に溶けない。これがたくさんできると、集まって石になるわけ。

<2>シュウ酸とカルシウムは、すぐくっつく
シュウ酸とカルシウムは、相性がいいのか(^^;;、出会うとすぐにガッチリと結合して、シュウ酸カルシウムになる。

<3>カルシウムの摂取が十分な場合
カルシウムの摂取が十分なら、シュウ酸とカルシウムは、腸の中で出会って結合。できたシュウ酸カルシウムは、腸から吸収されることはなく、そのまま腸内を進んで、うんちとして排泄。

<4>カルシウム摂取が足りない場合
摂取するカルシウムが足りないと、腸でカルシウムと出会えなかったフリー状態のシュウ酸ができて、これが腸から吸収される。血液に入ったシュウ酸は、腎臓から尿として排泄され、そこでカルシウムと出会うとシュウ酸カルシウムができる。
できた尿があつまる腎臓の腎盂というところにシュウ酸カルシウムが集まってくると、結晶が成長してやがて石になり、尿路にひっかかって痛い思いをする。(>_<)

.......
ということで、
カルシウムの摂取が足りない方が尿路結石ができやすい、
ということなんですねぇ。
もともと日本人はカルシウムの摂取量が足りない傾向があるので、
しっかりとりましょう。
乳製品や小魚、イワシ、大豆などが王道ですな。

ただ、尿の中で多少のシュウ酸カルシウムができたとしても、水分をたっぷりとっていて、尿がたくさん出て、シュウ酸カルシウムがどんどん流れてしまえば、“ひっかかるほどの石”にまで成長してしまう可能性は低い。
だから、尿路結石の予防には、「たっぷり水分摂取」が効果ありです。
できれば、1日に2リットルはとりたいですね。

シュウ酸を多く含むものをとりすぎないのも、予防にはなります。
ただ、体内でもシュウ酸はつくられているので、
そんなに神経質になることはないですよ。
とはいえ、一度尿路結石をやったことがある人は、
ま、ちょっと控えめにしたほうがいいかもですね。

それと、前述の通り、シュウ酸とカルシウムはすぐにくっつくんだから、
シュウ酸を含む紅茶やコーヒーを飲むときは牛乳を入れちゃうとか、
ホウレンソウのおひたしにはジャコをかけるとかして、
食べる段階でカルシウムといっしょにしてしまうのもいいですわ。

ま、これから暑くなってきますから、
水分はしっかりたっぷりとってくださいましね。
お便秘予防のためにも大切です。

c0128703_1264733.jpgイチゴが続々と色づいてきました〜。形が悪いのもあるけど(^^;;

c0128703_1271136.jpgどの段階で収穫したらいいのか、それも悩みどころですなぁ。

c0128703_1272860.jpgイチゴミルク、1人分くらいにはなるかな(*^o^*)
[PR]
by tiger_yz | 2008-05-21 12:24 | 気になる症状 | Comments(9)
石だ!石が隠れていたんだっ!
いや〜、3月に、身内が尿管結石を患ったものの、
尿管の造影をしたら、跡形もなくなくなってた..
という話を書いたんですが..

まだありましたっ、石が!! こやつ、隠れてたんだ。とほほ。

実は先週、本人から「また、前と同じところが、なんとなく痛い」
と言ってきて、おまけに尿に血が混じっているみたいだというので、
とりあえずその日は、残ってた痛み止めの座薬を使ってもらって、
翌日、予約外で前の病院へ。

話ははずれるけど、予約外だとホントに時間かかりますねぇ。
10:30頃に受付して、診察が始まったのは13:30過ぎ(^^;;
本来2人いる外来の担当医の1人が急なオペだったみたいで、
そのせいもあって、外来はめっちゃ遅れてた。

普通のレントゲンと尿検査をした結果、
石の姿は見えないけれど、尿にはしっかり血が混じってた。
それで、1週間後に再度、尿管の造影検査をすることに。

で、今日、検査をした結果、
石だ!いた、いたっ!こんなところにっ!

立位の画像で、尿管を流れる造影剤がピタッと止まってました(^^;;
石のある場所は、3月のときよりもだいぶ下がっていて、
あと数センチで膀胱というあたり。
でも、完全に流れをせき止めているわけではないみたいで、
尿管も腎臓の腎盂というところもふくれたりはしていないから、
薬を飲んで、水分をいっぱいとって、
1ヶ月後にまたレントゲンをとることに。

この人の尿管結石は、カルシウムが成分になってて、
骨と同じような成分だから、レントゲンでも骨と同じように映る。
先日の検査で石が見えなかったのは、
骨盤の像に重なって見えなかっただけだったんですねぇ。

それと、前回の造影検査で尿管がちゃんと通っていたのは、
石の形や大きさ、ひっかかり方の都合で、
たまたまうまく尿が流れてたんでしょう。

いや〜、なかなか一発で診断!というわけにいかないこともあるもんです。

でも、本人いわく、
「何がなんだかわからずに痛いというのは嫌なものだけど、
原因がはっきりすれば、なんか安心だぁね」と。

石がうまいことズリズリと降りて、
ポコッと出てくれちゃうといいんですが。

尿管結石の予防のため、水分は1日1.5〜2リットルは飲みませう。
ま、まだちょっとかかりそうですな(^^;;
[PR]
by tiger_yz | 2008-04-24 18:46 | 気になる症状 | Comments(2)
石はいずこへ...
先日書いた「尿管結石」の続報です。

13日に、尿路の造影検査をしてきました。
造影剤を点滴で静脈に入れて、
時間ごとに何枚かレントゲンをとって、
おしっこの通路がどうなっているかを調べる検査です。

氏の場合、造影剤の副作用もなく、
点滴の針を刺す以外の苦痛はありませんでした。

で、結果はというと。

石、なくなっちゃってました(^^;;

この前は、確かに「あー、石だね〜、これ」っていう影が見えたんだけど、
今回は何もない..
おしっこの通り道は、まるで教科書のような形を描き、
石らしきものでおしっこがせき止められている様子は、どこにも見当たらない。

そういえば、週明けに外来に行った日に痛みが出たものの、
それ以降は「ふ」と痛みが消えていましたの。
でも、“ころん”と石が出た様子は目撃していなかったし、
またいつ痛くなるかと、ビクビクしていたのでした。

「気がつかない間に、出た、ということでしょう」と担当医。
拍子抜けした顔で、「石が出たら、ピンセットで拾って保存して“これが俺の石だ”って自慢するつもりだったのにぃ」と残念がる患者本人。(^^;;

ま、よかったよかった。
皆様には、ご心配をおかけしました(あ、してませんか?(^^ゞ)

で、担当医のお言葉。
「一度、尿管結石をやった方の、半数は再発します。
水分とカルシウムをしっかりとって、予防するようにしてくださいね」

氏も、もうあの痛みは嫌でしょうから、しっかり予防するでしょう。

c0128703_18262177.jpg
プロ野球の季節がやってまいりました! 阪神タイガース オープン戦。東京ドーム、対巨人戦、行ってきましたよ〜。写真は試合前の練習中。試合は「0対0」のドロー(^^;; 貧打、ひんだ〜、貧打、ひんだ、ひんだぁぁ...っつ〜か、投手がよかった、ということで...。


c0128703_18264085.jpg
東京ドーム弁当。話のタネに食べました〜。お腹いっぱい!
[PR]
by tiger_yz | 2008-03-18 18:34 | 気になる症状 | Comments(0)
おーまいがっ!尿管結石!
更新、少し間が開きましてすいませんです。
実は先日、身内が尿管結石で救急搬送されちゃいまして、
入院はしてないんですが、まだときどき痛みが出たりするし、
いつ痛くなるかわからないので、やっぱ、コワいわけで。
そんなこんなでバタバタしております。

で、今日は尿管結石のことと、今回のことで改めてわかったことをば。

尿管結石は、腎臓でできた尿を膀胱へ送る管に、
石がひっかかり、激痛を起こす病気です。
石は、尿に溶けきらない物質が結晶になったもので、
シュウ酸カルシウム、尿酸、リン酸などでできていて、
食事の問題、通風、水分摂取の不足、感染などが原因になります。
男性に多くて、男性の10人に1人は一生に1度はかかるという統計もあるとか。

石が小さければ、水をたくさん飲んで、
石を出やすくする薬を飲んで、自然に排泄されるのを待ちます。
それでダメなら、からだの外から衝撃波をあてて砕いたり、
切って取り出します。

発作が起きるととにかく痛いんですが、
その前から、前触れのような症状が出てることもあるんですね。

ウチの身内の患者殿の場合、よく考えると、
何ヶ月か前から「腰が痛い」って言ってた。
でも、ずっとパソコンの前に座って仕事してるし、
変な姿勢でいたんでしょ、なんて言って、こんな大事とは思いもせず。

それと、昨年末頃に健康診断を受けたときに、尿に少し血液が混じってる
と言われたんだけど、少しだったから、「経過観察」ということになった。
たぶんこれも、尿管の石のせいだったんですね。

こういう軽い症状だと、大変な病気とはつながりにくいですね。
ん〜、私としても、浅はかでした。

それと、痛みについて再確認したことが。
痛いと、からだを固くしますよね。
でも、そのことが痛みを助長してしまうので、悪循環になる。
それは知ってたんですが、ホントにその通りでしたよ!

今回、患者殿が痛がっていたときに(鎮痛薬を使ったのにぜんぜん効いてこない)、
背中をさすってたら、なんだか妙に背中が固い。ガッチガチ。
ここは骨か?と思ったくらいで、でも骨じゃなかった。

で、家族(女性)と、
「生理痛のときって、背中とかお尻とか太ももの裏とか、
変なところが痛くなって、つっぱるよね〜」
「そーそー、これでもかってストレッチすると、
スーと痛みが抜けてくこと、あるよね〜」
とか話してて、もしかして、今回の患者殿もそうなのでは、という話になり、
速攻、マッサージとストレッチ開始!(これはその家族が得意)

ぐりぐり(^^;;と、念入りにやってたら、背中や腰の筋肉がほぐれてきて、
スーと痛みが引いていきました!
もちろん、鎮痛薬が効いてきたのもあるんだろうけど、
リラックスできて、痛みの悪循環から抜けられたんですね。

いや〜、いろいろ勉強しました〜。
どこかが痛いときは、からだを固くしないこと。
痛いからしょうがないけど、できる限りリラックスする。
ストレッチや深呼吸が有効です。
ただし、痛みが激しいときは、深呼吸をして長く息を吐くと、
吐ききったときについでに「んんんんんん」と力が入っちゃうので、
浅めの呼吸のほうがいいかも。陣痛を逃がす呼吸法みたいね。

当の患者殿は、とにかく石が出るのを祈りつつ、水飲んで、
おとなしくしてます。もう激痛が来ませんように。

c0128703_9445723.jpg
ニラ、ぐんぐん伸びてますよ〜。うふふ〜。今年はニラ、増やしますわ。その向こうは冬越えした(^^;;ほうれん草。まだ背が低いよ。そういえば、ほうれん草に含まれるシュウ酸がカルシウムとくっつくと尿管結石になるんですねぇ。ただし、毎日大量に食べるのでなければ、普通は特に問題になりません。過去に尿管結石をやったことがある人は、ほうれん草はゆでてシュウ酸を減らすといいみたいですよ。
[PR]
by tiger_yz | 2008-03-05 09:54 | 気になる症状 | Comments(0)