ナースやすこの健康プラス
カテゴリ:うんちの話( 20 )
また風邪ひくわ、運動不足でお便秘だわ(T_T)
不覚にも、助産師やすこ、先週また風邪をひきまして。
うむむむ、予防はしてたつもりなのにぃ。(T_T)
今度は花粉じゃないですよ。花粉症はすでに過ぎ去りました。
やっぱり阪神の敗戦のショックが原因かなぁ(^^;;

流行ってますね、風邪。
あまり熱が出なくて、のどがイガイガしてタンがからみ、咳が出る。
だいぶ良くなっても、タンがからむのだけが残って、
夜、ふとんに入ると咳き込む..

先週の月曜日から調子が悪くなり、日課のウォーカーでの運動を止め、
おとなしくしてたらば、テキメン。
運動不足がたたって、大腸の動きが鈍くなり、
お便秘気味になりましてございます。

ま、私の場合、3日も4日もつまるということはないんですが、
丸1日出ない日があるとイライラ。
腸がダラぁと怠けてる感じがありありで、
食事をしたって、ウリウリと動き出す感じがない..
出ても硬くてカサが少ない気がするし、スッキリしない。

もー(-"-;; ダメですね、運動不足は。
私がいるところに来る妊婦さんたちも、
よく「スイミングをするとちゃんと出る」って言ってるけど、
ほんとだわ、こりゃ。

もう元気になったから、今日から運動再開ですわん。
皆さんも気をつけてくださいましね。
そんなこと言ってる間に、そろそろインフルエンザも来てるみたいですしぃ。

c0128703_152247100.jpg
街はもうすっかりクリスマス。でも、ウチにクリスマスリースを飾る気にはまだなりませんなぁ。(^^;;
[PR]
by tiger_yz | 2008-11-19 15:37 | うんちの話 | Comments(2)
うんちの話[18]運動はなぜ便秘予防にいいの? どんな運動が効果的?
もう秋だね。空気がさわやか。気持ちいぃー。
秋といえば、食欲の秋、運動の秋、読書の秋、天高く馬肥ゆる秋..どれかな。
おいしい果物がたくさん出るから、つい食べ過ぎて太る..これが困るね。

さて、うんちシリーズ再開。
便秘予防や改善には運動がいいっていうけど、なぜなのか。
どういう運動がよさそうか、って話。

便秘の中でも、運動不足で起きやすい弛緩性の便秘の場合に
運動はよく効くんだよね。当たり前か(^^;;

大腸がうりうりと動いて、うんちを送り出すときは、
もちろん腸自体の生理的な動きが欠かせないわけだけど、
それを助けるというか、加速するというか、後押しするものが必要。
そのひとつが運動なんだよね。

からだを動かして、お腹の中に物理的な刺激を与える。
つまり、からだを曲げる、ひねる、お腹を押す、
腹筋に力を入れて“いきむ”ように腹圧をかける、
お腹に重力をかけるといったことで、お腹の中を刺激する。
それによって腸の動きを促して、うんちを先に進めてあげるというわけ。

という意味では、お腹の部分がよく動く運動がよりおすすめ、ということになる。
水泳でもね、バタフライは腰を動かすので、便秘改善にいいのよ。
だから私は、妊婦さんにもおすすめしてる。

ラジオ体操だって、しっかりやればけっこうお腹に刺激があると思うよ。
ヨガ、ストレッチ、腹筋運動、ロデオ運動なんかもいいね。
大掃除も、立ったりしゃがんだり、ものをあちこちに動かすのに持ち上げたりと、けっこういい運動になるんじゃないかなぁ。

テニス、バスケット、バレー、バドミントンなどの激しい動きを伴うものとか、
ウォールクライミングやウェイトリフティングみたいに、ぐっと腹筋に力が入る運動も効果があるはず...

って、運動不足の人が、いきなりウォールクライミングはないか(^^;;

だからといって、「単に歩く」といった軽い全身運動じゃ便秘に効果がない、ってわけじゃないよ。
ウォーキングなどで全身の血行を促進してあげれば、
からだのいろいろな機能を活性化することができるから、
消化機能だって、大腸の動きだって、活性化されるはず。
ふだん運動不足の人が、ちょっとでも運動をしてみると、
それだけでもけっこう効果があると思う。

ただし、運動中は血液が筋肉に集中して、
消化器への血流は手薄になるから、
食事の直後に運動するのは避けた方がいいので、ご注意を。

c0128703_1129233.jpg
今年、プチトマトは53個とれましたよ。なかなか豊作。で、一通り終わったと思ったら、横から枝が出て、そのまま放っておいたら、また花が咲いて実がなってる。ま、こういうのはあんまり美味しくないんだけどね。でも、酸素を生む“植物”として、もう少しこのまま置いておくことにしました。

c0128703_11292174.jpgイチゴの苗(ランナーで増えたもの)を定植したら、なななんと、花が咲いたよ。そういう時期じゃないよねぇ。おもしろいからこのままにしてみる(そういうことしちゃダメなんだろうけどね(^^;; でもどうせお遊び半分のベランダ菜園なんだしさ、おもしろがるのが第一かな〜と)。
[PR]
by tiger_yz | 2008-09-17 11:34 | うんちの話 | Comments(2)
うんちの話[17]下痢した! いや、大丈夫だけど(^^;
東京はまた夏の気候。
でも、ちょっと空気や空が“真夏”とは違いますね。
木陰や風が涼しくて、あぁ9月ですな。

さて、過日、下痢しまして。
そういえば、「うんちの話」は便秘の話ばっかりだったなぁ、と思い、
今回は下痢の話を。

下痢というのは、うんちに含まれる水分がものすごく多くなっちゃった状態のこと。
うんちが形にならず、泥のような、または水のような状態になる。
そう、「うんでい(泥)」とか「うんすい(水)」とか(笑).. いや、これ、正式名称じゃないですよ。ホントは「泥状便」とか「水様便」といいますの。

下痢には、腹痛が伴うことも多いですよね。
強い便意がうりうり〜っ!と急にきて、あぁ〜っいたたたた、トイレ、トイレ、間に合わないっ!!ってな感じで。(^^;;

でも、たとえ下痢してそのときに腹痛があっても、
出るものが出ちゃったらスッキリ、ということもありますよね。
たまにそんなことがある、という程度なら、まぁ、そんなこともありますわ。

先日の私の下痢も、だいたいそんな感じ。2回下痢したあと、
ちょっとの間、お腹が渋ったけど、寝たら翌朝はスッキリ。

こういう下痢は、冷たいものをたくさん飲んだり食べたりしたとか、
そもそも食べ過ぎとか、お酒の飲み過ぎとか..そんな原因が大半でしょう。

私の場合、このどれでもないんだけど、
たぶん、食べたものの中にアレルギーを起こすものがあって、
大腸が早く外に出したかったんでしょう。(^^;;
たま〜にあるんですよ、こういう下痢。子どもの頃からね。

こんな、すぐに治っちゃう下痢だったら、
まぁ、慌てて病院に行かなくてもいいでしょう。
でも、下痢が何度も続く、腹痛が激しい、嘔吐が伴う、熱が出るなどの
症状があったら、早めに病院へ。
食中毒かもしれないし、ほっといていい状態じゃないですよ。

特に怖いのが、下痢による脱水。ミネラルも出ちゃうので、
失った分を点滴などで補わないといけない。

それから、「常に下痢」という方。つまり、「うんちは常に形なし」という方ね。
大酒飲みの方にもいますよね。
そういう方は、「どうせ体質」と思わずに、一度ちゃんと診てもらってくださいね。
「それが普通」ということもあるんだけど、何か病気があるかもしれないから。

c0128703_1926266.jpg
唐辛子。去年は苗で買ってきて、できた実から種をとって、今年は種から育ててる。うーん、見えるかなぁ。実が葉っぱを突き抜けてるんですよぉ。..
なんちゃって。いやいや、そう見えるけど、虫に食われてできた穴から、たまたま実が頭を出しただけなんだけど(^^;; 
まだ青いけど、なかなか辛いです。
[PR]
by tiger_yz | 2008-09-02 19:44 | うんちの話 | Comments(0)
うんちの話[16]朝、おしっこはしっかり出ますか?
高校野球にオリンピックにプロ野球のペナントレース。
忙しいったらありゃしない。
仕事じゃなくて、テレビでのスポーツ観戦ね。(^^ゞ

さてさて、久しぶりに「うんちの話」。
うんちの話なのに、「朝、おしっこが出るか?」とはこれいかに。

暑くなって、最近お便秘になってきた、という方、いませんか?
その原因のひとつは、水分の摂取不足かも。

暑いと、自分が意識する以上に体内から水分が失われていきます。
汗がたらーーーっと垂れてきていない状態でも、
常にじわわわ〜と汗は出ていて、
それが乾いて気化熱を奪い、体温を保っているわけで、
汗はかくべきもの。

でも、汗が出ている分、ちゃんと水分をとらないと、
脱水傾向になって、熱中症や血液ドロドロになったりするから、
暑くてたくさん汗が出る夏は、
それまで以上に意識して水分をとらないとダメ。

その目安が「おしっこ」というわけ。
朝起きたとき、トイレに行ったら、
ちょっとしかおしっこが出なかったという場合は、
(夜中にトイレに行かなかった場合)
前日の水分のとり方が足りなかった可能性あり。

ほかにも、日中におしっこに行く回数が少ないな、とか、
日中におしっこに行ったら、やけに色が濃いな、とか、
そんな症状があったら、やっぱり水分の摂取不足かも。

もしかして水分足りない?と思ったお便秘症の方。
もっと水分をとらんといけないのかもですね。

ただし、砂糖が入っているものは気をつけてね。
カロリーのとり過ぎになったり、
夏バテの一因になったりすることもあるからね。

それと、夏になって便秘になる人の中には、
暑くて食欲が落ちて、食事の摂取量が減ってしまうのが原因という人も。
水分とか、アイスクリームのようなものしか咽を通らなくて、
それで夏をしのいでいたりすると、
うんちの元になる食物繊維が不足して、
腸の中でうんちがつくられない。
うんちができないんだから、出るわけない、というわけ。

ちゃんと食べて、飲んで、汗かいて、
がんばって夏を乗りきりましょうねっ!

c0128703_15285335.jpg
そういえば、去年の最初の頃のブログにも、このバナナピーマンの写真を載せたっけ。去年はアブラムシなんかに葉っぱをやられて、実もあまりとれなかった。でも今年は、アブラムシもついていないし、去年よりもたくさんできそう。でもなんか、ぐるりと丸まってるのもあるね。(^^ゞ
このまま置いとくと、だんだんオレンジ色から赤くなってくんだけど.. 黄緑のうちにとって食べてもちゃんとピーマンです〜。
[PR]
by tiger_yz | 2008-08-11 15:35 | うんちの話 | Comments(0)
うんちの話[15]すかしっぺは本当にクサいか?
久々に“うんち話”です。今日は、「ぷ」の話の続編。
「すかしっぺは、クサい」とよくいいますが、それは本当か、という話。

結論を先に言っちゃいましょう。
「すかしっぺだろうが、クサくないことはあるし、
 大音量で、なおかつくっさい!こともある」 これが真相(^^;;

「ぷ」の大半は飲み込んだ空気であって、クサいかどうかは、食べたものやお腹の中の具合によると、前に説明しましたよね。

音の大小は、一度に出る「ぷ」のガスの量や勢いによります。
一度にたくさんのガスが勢いよくお出ましになれば、
その分、肛門がふるえて大きな音が出る。
すかしっぺは、少しのガスが、勢いを殺して出た場合に無音になったもの。

たとえば、意識して少しずつ「すすすすーーーー」と出せば、音は出ない。
でも、ドッと笑ったついでに出たりすると、
腹圧がかかっている分、勢いが増して大音量になったりするわけですね。(^^;;

飲み込んだ空気が多かったりして、腸に大量のガスがたまっていれば、
その分、「ぷ」の勢いも増して、音も出やすい。
でもそのときに、お腹の中でくっさいガスが発生していて、
飲み込んだ空気に混じって出てくれば、
たとえ音の大きい「ブブッ!」でも、十分クサい。

一方、腸内でクサいガスはあまり発生してなくて、
なおかつ飲み込んだ空気も少なくて、出るガスの量が少なければ、
「クサくない すかしっぺ」が出るというわけです。

ただ、「すかしっぺは、クサい」というのも実は一理ある(どっちやねん!(^^;)

腸内で一定量のクサいガスが発生したとする。
そこに、たくさんの飲み込んだ空気が来て腸の中で混じり、
それでおっきな「ブブッ!」が出たとする。
この場合、クサいガスは薄まっていて、出た「ぷ」のにおいは少し和らいでいる。
だから「音の出る「ぷ」はクサくない」と言えなくもない。

一方、同じ量のクサいガスが発生していて、
飲み込んだ空気は少なかった場合、
出るガスの量は少量だから、すかしっぺになる可能性がある。
そこで「す」と出ると、出たガスは薄まっておらず、
ごっつークサい!
..すぐ近くでやられて、そのガスのかたまりが漂ってきて鼻を襲ったら、かなりキツイね(^^;;
でも、もともと少量だから、すぐにまわりの空気と混じって
拡散しちゃうけどね。

ま、要するに、音とにおいは必ずしも関係ない、っつーことです。(^^ゞ
(なんかおおざっぱな結論(^^;;)

c0128703_15232592.jpg駅までの道に咲いているあじさい。晴れてるので、あんまり風情はないなぁ。まわりに花(ほんとは花じゃないんだよね?)がつく種類ですね。
そういえば、あじさいには毒があるとか。レストランで出された葉を食べて具合が悪くなった人がいたそうで。食べられるなんて聞いたこともないようなものを、レストランで出しちゃいかんですねぇ。皆様もお気をつけください(って、わざわざ食べませんわねぇ(^^;;)
[PR]
by tiger_yz | 2008-06-25 15:33 | うんちの話 | Comments(5)
うんちの話[14]お便秘やガスぱんぱんにメンタ湿布
皆さん、ご存知ですか?メンタ湿布。
お便秘やガスがたまったときに、
腸の運動を刺激してやるのに、ほんと、よく効くんですよ、これが。

昔はよくやったんですけどねぇ。
そういえば、少し前に看護学校の同窓会があって、
そのときに某大病院にずっと勤務している同級生が、
「最近の若い看護師は、患者さんがガスが出ないっていうと、
 すぐドクターに薬を処方してもらおうとする。
 メンタ湿布なんて言っても、誰も知らないのよーー」と
悲しんでましたねぇ。

薬局などでも売ってるハッカ油。
洗面器などに熱いお湯をたっぷり入れて、
ハッカ油をほんの1〜2滴少したらす。
それにフェイスタオルを浸してギュッとしぼり、
お腹に当てて湿布するんです。

熱いお湯ってのは、熱湯じゃだめだよ。やけどしちゃうからね。
タオルの端と端を持ってしぼれるギリギリの温度、または、
台所用のゴム手袋をしてしぼれる限界の温度にね。
せいぜい高くて50〜60度だと思う。

タオルはしっかりしぼってね。
しぼったタオルを、おへそから下にあてられる大きさに広げて
(大きく広げすぎると早く冷めちゃうから適度にね)、
皮膚に直に当てる。

ぜったいに、ビニールなんかの上から当てないこと。
ハッカの成分が皮膚から吸収される必要があるからね。

ハッカ油のタオルがすぐに冷めちゃわないように、タオルの上にビニールなどをあて、
その上に乾いたバスタオルなんかを乗せておくといいかも。

タオルが冷めたら終わり。
湿った皮膚を乾いたタオルで拭いて、
お腹を保温して、腸が「うりうり」するか、様子を見てみませう。

ぜひお試しを。(^^)V
ただ、お部屋中ミントの香りが充満するので、覚悟してくださいね(^^;;
それと、妊娠中の方は、やらないでくださいましね。(妊娠中ってお便秘になりやすいから、できるといいんだけど、胎児への作用がよくわからないので..)

c0128703_23473231.jpg
トマトの苗を定植。まだ小さいね。最近、日照が少なくて、なんかほかの野菜も生育が悪いにょ。トマト、ちゃんと育つかな〜。
[PR]
by tiger_yz | 2008-05-13 23:55 | うんちの話 | Comments(2)
うんちの話[13]うんちの声、“ぷ”の話
さて、いよいよお待ちかねの(^^;“ぷ”のお話です。
“ぷ”は、おなら、ガス、屁とも言いますね。

たまに妊婦さんから、「まだ主人の前ではおならはできない」
とか「最初にしたときの音がものすごかったので、恥ずかしかった」(^^;;とか
“ぷ”にまつわる話を聞きますねぇ。

でも、“ぷ”は生理現象ですから、がまんしないほうがいいですよ。
あまりがまんすると、お腹がはって、痛くなっちゃう。
ま、海外では、必ずトイレでするのがマナーというところもあるみたいですが。

さて、“ぷ”は何かというと、実はその大半は飲み込んだ空気なんです。
それに、腸内で細菌が作るインドールとかスカトール、アンモニアなどの臭いガスが加わる。

だから、いつも“ぷ”がたくさん出る人は、早食いだったりしてものを食べるときにいっしょに空気を飲み込みやすいとか、鼻炎で鼻水をすすったついでに空気を飲み込んじゃってるか、炭酸飲料の飲み過ぎなど、空気をたくさん飲んでいる可能性があるわけですね。

“ぷ”はときとしていろんなにおいがしますが、
ぜんぜんにおわないときは、特に心配なし。
単に空気が通過してきただけだと考えられるから。

問題なのは「くっさい」とき。
くっさいといってもいろいろですが、誰でもが「くさっ!」と感じる“ぷ”の場合、先に書いたような臭いガスが腸の中で発生していると考えられます。
このような臭いガスは、腸内細菌がタンパク質を分解するときに出るので、肉ばっかり食べている人の“ぷ”はくさい傾向がある。

野菜やごはん、油などは、たくさん食べても、くっさい“ぷ”はあまり出ません。

腸内細菌がよくない状態になっているときも、“ぷ”がくっさくなります。
腸内には、ビフィズス菌などの善玉菌と、大腸菌などの悪玉菌がいますが、
臭いガスはこの悪玉菌のしわざ。

食生活やストレス、便秘などの問題で、悪玉菌が増えて善玉菌が減ると、
よりくっさい“ぷ”が出ることになる。

それと、お便秘の状態が続くと、におうガスが濃くなってくるし、
腐敗が進んでさらに臭いガスが発生。
だから、お便秘の方の“ぷ”はくちゃい傾向がありますね。(^^;;

お腹のためには...
“ぷ”は、ためないで出すこと。
ものはよく噛み砕いてから飲み込むこと。
便秘を予防すること。
肉ばっかりじゃなくて、野菜や穀物もしっかり食べること などが大切ですね。

次は“ぷ”の音についてお話ししましょうね。

c0128703_11485419.jpg
イチゴが少しずつ大きくなってきました〜。どのくらいの大きさまで育つかな。楽しみですぅ〜(*^o^*)
[PR]
by tiger_yz | 2008-05-02 11:57 | うんちの話 | Comments(0)
うんちの話[12]ストレスとお便秘
はい。うんちの話、前回のつづきです。

前回のうんちの話は、
「朝、10分のトイレタイムをつくり、朝食後、トイレでぼーっと座る」
という話でしたね。
で、今回はこの「ぼーっと」というところの詳しい話。

うんちをする、つまり排泄をするというのは、
食べることとか、生殖といった生命活動と同様に、
リラックスしているときにするものなんです。

で、そのリラックス状態とは反対の、ストレスがかかってる状態だと、
胃腸が元気に「うりうり」と動いてくれず、お便秘の原因に。
それはどういうことか、っちゅー話。

「ド緊張して失禁」というのは、これは極端な状況なので置いといてね..。(^^;;

ストレスがかかってる状態というのは、
よくこういう“たとえ”をするんだけど、
「肉食動物に睨まれた草食動物の状態」といえるんですね。

「げげっ!」と思う対象に出くわしちゃって、
逃げようか、いっそ戦おうか、五感を総動員して、神経を集中し、
逃走または闘争(あー、両方とも“とうそう”だ)のために、
心拍と呼吸は速くなって、血圧が上がり、
肝臓からはブドウ糖がドバッと放出され、
血液は筋肉に優先して集められる。
これ、要は、自律神経の交感神経のはたらきね。

この状態のときは、胃腸とか、膀胱、生殖器なんかのはたらきは抑制されてしまう。
だって、トラに睨まれたツバメ..あ、いや(すんまそん。野球ネタ)、
ライオンに睨まれたシカは、ゆっくり草を食べたり、うんちしたり、
子どもつくってる場合じゃないでしょ?

だから、慢性的なストレスにさいなまれていたり、
朝、「あ〜時間がない!」と焦ってる中でトイレに行ったりしている状態では、
たぶん、交感神経が優位になってて、胃腸の動きが悪く、
うんちも、うまくお出ましにならない。

この交感神経とは反対のはたらきをするのが副交感神経
精神的にはゆったりとリラックスしているときは、
この副交感神経が優位になってて、
胃腸が元気に動くから、消化吸収もいいし、うんちも順調ということなんですねぇ。

「トイレに10分、ぼーっと座れ」といったのは、これなんです。
時間に余裕を持って、イライラせず、楽しいことでも考えて、ぼーっとする。
これで、副交感神経優位の状態をつくりたい、というわけ。

副交感神経がはたらく状態をつくるには、
ストレスの元になっているものを避けるとか、
パーッと発散して気分を変えるとか、
誰かに頭をナデナデしてもらって「あはははぁ〜(^Q^)」とするとか、
好きな音楽を聞くとか、趣味に没頭するとか....
そういう、ストレスを回避、解消するための方法を身につけておくことがやっぱり大事。

それと、深呼吸もいいらしいですよ。
息をゆっくり長く吐くとき、副交感神経が優位になるらしいので、
深呼吸を、吐く方を特に意識しながらゆっくりと繰り返して、
気持ちを落ち着けるといい。

そんなことをしながら、トイレでゆっくり座っていると、
いいうんちがお出ましになるかもです。(^^)v

c0128703_1684945.jpg
イチゴの花がいくつも咲いてる。去年、イチゴは、ちっちゃいのが3つくらい実ったかな(^^; でも、それだけじゃねぇ。「今年はミルクをかけて食べられるくらいに実るかなぁ」とはダンナの希望だけど、問題は、花は順次咲くのに、果たして“実”は同時にいくつも収穫できるのか?という点で..(^^;;
[PR]
by tiger_yz | 2008-04-21 16:21 | うんちの話 | Comments(6)
うんちの話[11]トイレに行く時間を確保すること
久しぶりに“うんち”話です。
私、特に最近、快調ですの(^^)V

人に便秘解消の話をする立場の私でも、
朝バタバタしてて、しっかりトイレに行く時間をとれず、
つい出さずに出かけてしまうことがあって、
お便秘気味になることがあるんですね。
でも、それじゃいかんなぁ、と思って、
トイレに行く時間をしっかり確保することにしましたの。
そしたら、いい感じで毎朝お出ましです(^^)V

前にも書きましたけど、
大腸は、空っぽの胃にものが入ると反射で動き出します(大蠕動)から、
朝ご飯を食べるのは、朝の快便のための大前提ですよ。

で、朝ご飯を食べて少しすると、お腹が「うりうり」してきます。
そしたら、すかさずトイレに行きます。後回しにしてはいけません。
「うりうり」がはっきりせず、
「もやもやしたうりうり」だったりすることもあるけど、
そんな状態でも、そのタイミングをのがさず、とにかくトイレに行く。

トイレの時間は、「10分」確保します。

トイレに座って(この場合、洋式を前提にしてます)、
すぐにお出ましになれば、それはもちろんオッケー!
でも、まだ出ないかな、という感じだったら、
それでもあきらめずに、とにかくゆったりと、そのまましばらく座っときます。

ここで注意したいのは、
うりうりがはっきりしないなら「いきまない」ことと、焦らず、ゆったりとした気持ちで座ること。
トイレの時間を10分間確保せよ、と言ったのはこのため。
「あ〜、3分しかない!」なんて思うと、
ちょっと試して出ないと「今日はダメだ」ってあきらめちゃうでしょ。

しばらくすると、あ〜ら不思議。
だんだん“うりうり”がはっきりしてくる。
おお、来た来た〜というところで、おもむろにちょっときばれば、
ハイ、すっきりお出まし〜(^^;;

ま、最初はそう簡単にはいかないでしょうけど(^^;;

肝心なのは、「ゆっくりトイレに座る時間をつくる」ことなんです。
ちなみに私の場合、トイレタイムを10分確保していても、
結果的には長くても5分くらいで終わっちゃいます。

ひとつ注意してほしいことが。
あんまり長く「きばる」と、痔になっちゃうことがあります。
きばるのは、長くても合計2〜3分以内にしてくださいね。
うんちを出すための原動力はあくまで“うりうり”で、
きばるのは補助と考えて。

c0128703_015112.jpg都内も桜が一気に咲き始めましたね〜。この日はちょっと曇ってて、あんまりいい写真じゃないな(^^;; 今度の週末にでも、近所の桜の名所にお散歩に行こうかな。
[PR]
by tiger_yz | 2008-03-26 00:32 | うんちの話 | Comments(1)
うんちの話[10]食物繊維のサプリも便利
もう東京はずっと寒いよ。去年はダウンの出番はなかったのに、
今年は最近ダウンじゃないとダメだぁ。

さて、今日はお便秘に良いサプリの話。
通常、あまりサプリは濫用すべきじゃないと思ってるほうなんですが、
これはおススメしますわ。食物繊維のサプリです。

商品としては「イージーファイバー」なんかが有名ですが、
たぶんほかにもあるでしょう。DHCでも売ってるね。

要するに、食物繊維を粉状にしたもので、
お茶やみそ汁なんかに溶かして飲む。
イージーファイバー(分包)は、1包でレタス2個分の食物繊維だって。
これのいいところは、溶かしたお茶などの味がぜんぜん変わらないこと。
とろみが出るわけでも、粉っぽくなるわけでもない。それに、よく溶けます。

お便秘の方は、まずは一度お薬などで開通させたあとで、
一番分量の多いお食事のとき(多くの方は晩ご飯かな)に、
この食物繊維をとってみてください。
水分に溶かしてとるものだから当たり前だけど、
「うんちの話7」でもお話ししたように、
食事と一緒に十分に水分をとってくださいね。

これで、水分と、食事の分にサプリの食物繊維が加わって、
きっとうんちもフカフカよ。(*^^*)

食物繊維には、糖分や脂肪分の吸収をゆるやかにする効果もあります。
野菜嫌いの人やつい野菜の摂取量が少なくなりがちな人にもオススメ。
ただ、このサプリが野菜の代わりになるというのではなく、
がっつり野菜を食べるのがやっぱり一番だから、
そういう意識も持って下さいましね。

c0128703_1404846.jpg先日、上野の国立科学博物館に行きました。ロボット博を見たくてダンナと行ったら、大行列で、あきらめて常設展示のほうに。実は、この常設展示が実におもしろいのです。特に、原始生命体からさまざまな動植物に、どのように進化していったかを展示したブースは最高です。宇宙から降り注ぐ宇宙線を見ることができるユニットも、幻想的で大好き。理科好きの人もそうでない人も、ぜひ一度、ご覧くださいまし。
[PR]
by tiger_yz | 2008-01-28 14:20 | うんちの話 | Comments(1)