ナースやすこの健康プラス
食後に走って横っ腹が痛くなるのは、左側だけだったっけ?
急に気温が上がって、強い風が吹くと、
ますます花粉にビビりモードの私です。
でも、すでに予防的に点眼と点鼻薬の処方薬を使ってますわん。

「食後に走ると横っ腹が痛くなる」という体験、
もう何年、何十年(^^;;もしてない気がするけど、
あれ、痛くなるのって、左側だけでした?

いやね、脾臓っていう臓器のことを調べていて、
またまた今更ながらに「あれ?」と思ったんですわ。

脾臓って、たぶんすごく知名度が低いと思う。
胃腸とか心臓とかと違って、日常的に実感する臓器じゃないし、
生活習慣病にも登場しないし。
でも大事な臓器なんですのよ。

左の脇腹あたりにある握りこぶしみたいな形の臓器で、
免疫と血液の処理をするのが仕事。
古くなった赤血球を壊したり、血液の量を調整したりする。

血液の量の調整ってなんだと思います?
脾臓の中には、たくさんの血液があって(止まってません。流れてます)、
急に運動したりして、筋肉がたくさん血液を必要としたときに、
ぎゅ、と収縮して血液を補充するんですね。

ただ、人間の場合は、馬なんかと違って、
それほど大量の血液を保ってるわけじゃないみたいですが。

で、脾臓がぎゅ、と収縮するときに痛みが生じるらしい。
食後だと、ただでも胃腸に血液がとられているし、
そのうえ筋肉にも血液を送るとなると、脾臓もがんばって「ぎゅぅ」と収縮する。
だから、特に食後に走ると横っ腹が痛くなるんだって。

これはこれで「へぇ」と納得するんだけど、
走ったときに横っ腹が痛くなるのって、
脾臓がある左だけだったっけ????
もう、最近こういう機会がないから、記憶にない。(^^ゞ

右が痛くなったこともあるぞ〜という方、ご意見お待ちしてます(^^;;
[PR]
by tiger_yz | 2008-02-24 13:17 | 解剖学・生理学 | Comments(0)