ナースやすこの健康プラス
価値のない命なんてないんだよ
今日は終戦記念日。
今日くらいは、命のことを考えてみよう。

何か悩みがあったり、
うまくいかないことがあったり、
幸せじゃないと感じて、ヘコんでしまったり...
そんなとき、ふと自分なんかいなくたっていいんじゃないか
自分なんて価値のない人間なんじゃないか、
なんて思っちゃうことがあるかもしれない..。

でもね、私たち助産師をはじめとした医療関係者にしてみたら、
この世に価値のない命なんて、ひとつもないの!

私たち助産師は、ママさんが妊娠したときから、
そのおなかの中に宿った小さな命が元気で生まれてきますように、
健やかに育ってくれますようにと、
できる限りのことをしたいと思ってがんばるの。

つまりその小さい命は、
まだママさんのお腹の中にいるときから、
私たち助産師や医師に、考えさせたり、がんばらせたりするという
すごい力を持っていてる。私たちに影響を与えているんです。

看護学生のとき、初めてお産を見学させていただいた。
あのときの感動は忘れない。
ちっちゃな命が生まれて、真っ赤になって、大声で泣いて、手足を元気に動かしてた。
ママさんは、さっきまで苦しそうにしていたのに、
こんな幸せな顔ってあるだろうかと思うほど、輝いてた。

そのママさんの名前もわからないし、
生まれた子が男の子だったか、女の子だったかも忘れちゃった。
でも、どこにいるかはわからないけれど、今ではもう25歳くらいになってるはず。
その子(ってもう大人だけれど)に、「あのときはありがとう!」と言いたい。

誰でもが、必ず生まれ、必ず死んでいく。
でもその間の命が、必ず誰かの役に立っていることを忘れないでほしい。

だから、戦争はイヤ。テロもイヤ。
自分の命と健康を大切にすることを、今日だけでいいから、じっくり考えてほしい。
[PR]
by tiger_yz | 2007-08-15 16:06 | 雑感 | Comments(0)