ナースやすこの健康プラス
妊婦の健康シリーズ20:下痢、便がゆるい
さすがにだいぶ寒くなってきました。
そろそろ体も着るものも暖房器具も、
冬モードにしないといけませんね。

さて今日は、妊娠と下痢のお話。
妊娠中は、多くの方が便秘になりがちなので、
下痢で悩むということは少ないかもしれませんが、
寒くなってくるとお腹にくる感染症なども心配だし、
ちょっとここでご注意をば。

「妊娠中に下痢がちになる」という方はあまりいないという印象ですね。
でも、もともと妊娠前から“ゆるめ”という方が、
そのままの状態が続く、という方はたまにいらっしゃいます。

もともとゆるめとか、
たまにちょっとした下痢はするけど、1〜2回で終わってあとは普通とか、
便意が来たときはちょっとお腹が痛いけど、出ればスッキリする、
という方はいますよね。実は私もそのタイプ。(^^;;

もともとがそういう状態で、
妊娠しても特に変わらないのであれば、
それほど心配はいらないでしょう。
腹痛がひどくなってくるとか、
水のような下痢が何日も続く、なんてことにならないのなら、
そのままで問題ないと思います。

また、貧血のお薬で便通が変わる方がいます。
便秘がちになる方もいますが、逆に下痢気味になる方も。
貧血のお薬が原因と考えられる場合で、
下痢の状態がだいぶつらいようなら、
担当の医師に一度相談を。
どうしてもその薬を飲み続けるべきか、
薬はやめて食事でがんばるか、
一度考えてみてもいいかもしれません。

気温差や、たまたま食べ過ぎたり、ひどく疲れたなど、
ちょっとしたトラブルをきっかけに、
下痢と便秘を繰り返すようになってしまうことがあります。
腸内の状態が整ってない、という感じ。

このような場合は、とにかく規則的な生活をし、
消化がよく、バランスのとれた食事をすること。
お風呂に入って全身の血流を促進して、
しっかり寝て疲れをとること。
ヨーグルトなどの発酵食品や、食物繊維も十分にとって、
腸内が整うようにしていきましょう。

急にひどい下痢になって、1日に何度もトイレに行く、
水のような下痢が続く、腹痛もひどいという場合は、
これは胃腸の感染症かもしれません。
吐き気が伴ったり、熱が出たりすることもあります。

そんな状態になったら、放置してはいけません。
すぐに産科の病院に電話して指示をあおぎましょう。
場合によっては産科ではなくて内科に行った方がいいこともあります。
または、あまりに症状がひどくて、
立ったり歩いたりもできないようなら、
救急車が必要かもですね。

早産傾向とひどい下痢が関係していると考えられるケースもあります。
妊娠経過が安定していれば、
多少の下痢は早産につながるものではありませんが、
早産ぎみの状態と下痢が同時に起こっていたり、
ときにはひどい下痢が早産傾向の引金やアクセルになっているのではと
考えられるケースもあります。

症状の変化や、お腹の張り(子宮収縮)の様子などもあわせて
よ〜く注意しておく必要があります。
もし下痢とお腹の張りが連動している感じがしたら、
担当の医師に必ず報告してくださいね。

とにかく、
「水のような便」
「排便前だけでなく排便後も腹痛が続く」
「何日も下痢が続く」
「吐き気や発熱が伴う」
「同時にお腹がひどく張る(お腹が硬い、キューとするなど)」
といった症状があったら即病院へ!

感染症の場合は家族にもうつる可能性があるので、
手洗いなどしっかりしてくださいね。

---------------------------------------
c0128703_17421886.jpg 半身浴をするために、母にモコモコ・フワフワの生地でケープを作ってもらったんですが、これ、入浴中だけじゃなくて、ふだんつけてるとすんごく暖かいんです!
ポイントはたぶん「肩」です。「首だけ」より、肩まで包んであげると断然あったかい。(^。^)
こういうケープはなくても、ストールなどで肩までぐるりと包んでみてください。節電で暖房控えめでも、これでバッチリ大丈夫!(言い過ぎ?!)
[PR]
by tiger_yz | 2011-11-29 17:44 | 妊娠と出産の話 | Comments(0)