ナースやすこの健康プラス
妊婦の健康シリーズ19:インフルエンザの予防接種について
少し前まで、「骨の本」を書いてたんですが、
今は「筋肉本」を書いてます。
両方ともイラスト中心ですが、書いた私にとってもバイブルになりそうな本です(^^;;
出来上がったらご紹介しますので、お楽しみに。

さて今日はインフルエンザの予防接種の話です。
前に書いたっけな、と思いつつ。

毎年冬に流行するインフルエンザ。
本格的な流行は年明けあたりなのでしょうけれど、
だからこそ予防接種は今のうちにしておきたいですね。

妊婦さんもしかり。
妊娠中にインフルエンザにかかると、
重症化しやすいといわれています。
「予防接種をすれば、インフルエンザにかからない」というわけではありませんが、
予防接種をしていれば、感染しても軽く済む可能性が高いのです。

だから最近では、妊婦さんも(または妊婦さんこそ)インフルエンザの予防接種を受けるべきという意見が多くなっています。
定期検診で病院に行ったとき、
外来や待合室に「インフルエンザ予防接種のご案内」という張り紙があったり、手紙をもらったりしていませんか?

ただ、予防接種によって起こるかもしれない発熱その他の副反応など、
妊娠に及ぼす影響を心配して、
予防接種をすることに消極的な意見もまだあるみたいですね。

で、私の意見も「妊婦さんこそ予防接種を受けたほうがいい」、です。
この時期にはいつも妊婦さんたちに、
「ご家族と、主治医と、よく相談してみて」とお話ししています。

受けるなら早いほうがいいですよ。
免疫がつくまでには2〜3週間はかかると考えられているので。

ただし、妊娠初期とか妊娠を望んで準備中の方、
またはお産がもう数日以内かも、といった方は、
時期をずらしたほうがいいかもしれないので、
医師とじっくり相談してくださいましね。
[PR]
by tiger_yz | 2011-11-23 00:25 | 妊娠と出産の話 | Comments(0)