ナースやすこの健康プラス
妊婦の健康シリーズ17:朝、手がにぎりにくい
そろそろインフルエンザの予防注射が始まってるみたいですよ。
妊婦の皆様、ぜひ早めに予防注射を考えて下さいませ。
予防注射を受けることが心配な方や、
予定日が迫っている方でタイミングが難しいと思う方は、
次の定期検診のときに主治医と相談を!

さて今回は、妊婦の健康シリーズ第17弾、
「朝、手がにぎりにくい」です。

特に妊娠後期になってくると、
朝起きたときに手がにぎりにくい、
こわばったようになる、
手をにぎるとなんだか痛い、
そんな症状を感じることがあります。

同時に、
指輪がきつい、
指が太くなった、
指のシワが少ない、
などと感じることも。

でも、そういう症状はたいていは朝だけで、
時間とともに引いていき、
午後や夕方には忘れていることも多いのでは?

これはおそらくむくみです。

寝ている間、普通は何度も寝返りをうつわけですが、
お腹が大きくなると、
動きにくいのと、
無意識にお腹を守るのか、
寝返りが少なくなると考えられます。
そのために腕や手の血流が悪くなってしまい、
手がむくむのだと考えられます。

ということならば、
ま、寝ている間のことは仕方ないわけで、
朝、むくんでいたらどうするか、っちゅ〜話ですね。

朝、手がにぎりにくかったら、
両手を上に上げて、グーパー、グーパーしてください。
がんばって、何度も何度も。

肩や首のストレッチをしたり、
温めたりして
血流を良くしてあげるのもいいと思います。

それと、ウォーキングなどの運動も効果的です。
ただ.. 手を下にブラブラしながら歩くと、
逆にひどくなることもあるので..(^^;;
そういう方には水泳がオススメ
水泳は、ホントにむくみがとれますよ。(^^)V

それと、手がむくんできて指輪がきつくなってきたら、
外しておいたほうがいいですよ。
むくみがひどくなって、完全に外せなくなり、
指輪を切ってもらったという人もいますから。

いずれにしても、
時間とともに手の違和感がとれるのであれば、
おそらく特別の病気ではなくて、
前述のようなことが原因だと思います。

でも、時間が経ってもぜんぜん違和感がとれないとか、
手をグーパーしても何してもダメとか、
痛みがひどいといった場合は、
別の問題かもしれませんから、
一度主治医に相談してみてくださいね。

日に日に寒くなってきますから、
皆様、風邪をひかないように気をつけてください!
[PR]
by tiger_yz | 2011-10-25 00:14 | 妊娠と出産の話 | Comments(0)