ナースやすこの健康プラス
全国の妊婦さんたちへ。心配事は言葉に出して!
東京でも桜が咲き始めました。
4月です。春です。
まだまだしんどいこともあるけれど、「えいっ!」と一歩前へ踏み出しましょう。
くじけないんだぞ、日本!

こういうときに自分は何を発信すればいいんだろう。
何もできないもどかしさが、気持ちの中でいつもぐりぐりしているけど..

今できることは、自分の目の前にいる妊婦さんたちに対して、
「大丈夫よ。心配しないで。」と伝えることかな、と。
笑顔で接して、
どっしりとかまえて(下半身安定なのでその点は間違いなし(^^;;)、
話をしっかり聞くことかな、と。

今のこの状況で、妊婦さんたちはすごく心配だと思います。
被災地で避難所生活をしている妊婦さんたち、
被災していなくても、放射線やら計画停電やらで
なんとなく不安な気持ちでいる関東・東北の妊婦さんたち、
直接は大きな心配はなくても、東北・関東の震災に心を痛めて、
落ち着かない毎日を過ごしている全国の妊婦さんたち..

話をしましょう。
心配事があったら
どんな些細なことでも言葉に出して話しましょう。


定期検診に行ったときに医師や助産師に。
..忙しそうで話しかけられない..ですよね。
でもそんなことはおかまいなしで。
もし医師が「じゃ、次回は○日ね」と言って終わらせようとしても、
「ちょっと待て〜」と白衣を引っぱり、私の話を聞け!と。

保健所・保健センターで行われる母親学級・両親学級のときに、
担当の保健師や助産師に。
会がお開きになったら、つつつ、と寄っていき、
何か言いたげにしてみましょう。(^。^;;
それで気づいてくれるはず。
(気づいてくれなかったら困るな(^^;;)

スイミングやエアロ、ピラティスに参加している方で、
そこに助産師などがいたらその人に。
たぶん病院よりも余裕を持って話ができるはず(と思う(^^;;)。
少なくとも私はちゃ〜んとお話を聞きますよ!!
(来て、来て〜! >こちら

不安や心配な気持ちは、
言葉に出して話をするだけでも、
かなり吐き出すことができるんです。

心配事を自分の中にしまったままでいると、
同じようにママの中にいる赤ちゃんもかわいそうでしょ。

..もし、ちゃんと話を聞かない医療関係者がいたらごめんなさい。m(_._)m
そんな医療関係者がいないことを切に願います(-_-;

くじけないんだからなっ!日本!!
[PR]
by tiger_yz | 2011-04-04 15:14 | 元気・健康・キレイでいる方法 | Comments(0)