ナースやすこの健康プラス
アロマで脳トレ!? その1-何の香りか当ててみよう
いや〜、昨日はみごとに花粉症の症状が出ちゃいまして。
鼻の奥のほうが強烈にムズムズして、
くしゃみと鼻水.. ま、常にタレる..というほどではありませんでしたが..
ついでに頭痛はするわ、寒気はするわで、
絶不調でした(T_T)

でも不思議なことに鼻づまりはナシ。
これもレーザーの効果なのか?と思ったり。

鼻水を止める薬(眠くなる)を飲んで寝たせいか、
ぐっすり睡眠で、今朝はパチッと目が覚めまして(^^)V
今のところ花粉症の症状はリセットされたようで、
出ておりませぬ。..どうかこのままでいられますように(^^;;

あ、ちなみにいっしょにレーザー治療を受けたダンナは、
今のところ鼻炎症状は出ておりません。

さて、今回は「アロマで脳トレ!?」な話。
アロマで認知症が防げるかどうかは未知数ですが、
いつも使っていない感覚を使うことは脳にとっていいはずだ、ということです。

皆さんは、嗅覚はどんなときに使ってますか?
特に主婦の場合、生ゴミが臭いとか、
スポーツやってる子どものユニが汗臭いとか、
スーパーですれ違ったおっちゃんの加齢臭がすごいとか(^^ゞ

なんだか、嫌な匂いを感知するのにしか使ってない感じがましませんか?

だから、たまにはいい香りをかいで、
脳を刺激してやろうじゃないか
と。

その第1弾の提案は、
精油の香りをかいで、何の香りか当てる、というクイズ。

ま、たくさんの精油を持ってないと、または誰か持っている人がいないとできない、
という決定的な欠点があるんですが(^^ゞ
でも、ショップへ行って、何の精油か名前を見ないでテスターを手に取り、
香りをかいで当ててみる、ということもできますよね。

ペパーミントやスイートオレンジなどは、
普通に親しまれている香りなので、
誰でも当てられるのでは、と思います。

でも、ポピュラーな香りでも案外、
ラベンダーやユーカリ、ローズマリーなどは、
時に「あれ?」と思ったりするんですよ。

私が面白いと思うのは、ブラックペッパー。
そう、黒こしょうです。

こしょうは、おそらくどの家庭にもあって、
誰もが食べたことがある香辛料のひとつですね。
その実から抽出した香りも、
基本的にはもちろんこしょうの香りがします。

が、それが案外わからないんですねぇ。(^。^)

軽く嗅ぐと、一瞬「柑橘系?」と感じたりします。
それは、リモネンという柑橘系の精油に多く含まれる成分が入っているから。

次に、深く強く吸い込むように嗅いでみると、
鼻の奥の方で、「ん?どこかで嗅いだことがあるような..」と感じます。
そして、何度か嗅ぎながら、
脳のあちこちから記憶を引っ張り出すように考えてみます。
すると、「あ!」と気づくかもしれないし、
でも「ん〜、わかんない!」となるかもしれない。

で、答えをみて「あ〜!」と思うか、「えぇ〜!?」と思うか。
そのうえでまた嗅いでみると、
「なるほど〜!!」と思うはず。

この「ん?」「あ!」「あ〜!」「えぇ〜!?」っていうのが、
脳トレになるはずだと思うわけです。

他に面白いと思うのは、
レモン、グレープフルーツ、ベルガモットの柑橘系3きょうだい。
いずれも果皮を圧搾して抽出した精油で、まさに柑橘系の香りがします。
でもちょっとずつ違うんですねぇ。
ちょっとスッキリとか、ちょっと苦いとか。
嗅ぎ比べてみると楽しいですよ。
[PR]
by tiger_yz | 2011-02-21 12:02 | アロマテラピーを楽しむ | Comments(0)