ナースやすこの健康プラス
フローラルウォーターでクレイパック
東京の昨夜の雪、すごかったですね〜。
でも今朝はもうかなり溶けていて。
皆様、すっ転んだりしてませんか?

さて、またアロマシリーズに戻りまして、
今日はフローラルウォーターを使ったクレイパックのご紹介。c0128703_1162817.jpg
クレイパックは、お肌の汚れをとるのに効果的。
毎日する必要はありません。週1回くらいでいいと思います。

フローラルウォーター(写真右の青いビン)というのは、精油をつくるときにいっしょにできるもの。主な成分は「水」です。(^^;;

精油の多くは、水蒸気蒸留法といって、原料の植物にブワッと水蒸気をあて、水蒸気といっしょに揮発してくる成分を集めてつくります。
水蒸気と精油の成分が含まれる湯気を冷やすと、下に水、その上に水に溶けない成分が油のように浮かんで層をつくります。この上の部分が精油。
で、下の水の部分がフローラルウォーター、ということなんです。

したがって、フローラルウォーターにも
原料となる植物の成分(水に溶ける成分)が入っています。
そして香りは、同じ原料からとれる精油の香りとよく似ています。

フローラルウォーターは、
グリセリンなどを混ぜて化粧水として使う人もいるし、
今回のようにクレイパックに使うこともできるんですね。

ちなみに我が母校ライブラのフローラルウォーターは、
なんとどれでも価格が同じ!!
高価な精油でおなじみのローズやネロリでも、
フローラルウォーターのほうは、ラベンダーと同じ価格なんです(^^)V

で、今回はこれらを混ぜてパックをしましょうというわけです。
材料は、コスメ用クレイ(粘土)とフローラルウォーター(上の写真)

クレイは、今回はカオリンを使いました。
クレイはピンクや黄色など、さまざまなものがありますから、
ネットなどで探してみてくださいね。

フローラルウォーターは、私の好きなネロリ(オレンジフラワーウォーター)です。

1.まず、クレイを大さじ1杯。c0128703_1273044.jpg
量はだいたいでOKです。



2.クレイにフローラルウォーターを入れ、混ぜる。c0128703_1293679.jpg
フローラルウォーターは、少しずつ入れてクレイを練りながら調整してください。



3.練り上がりはこんな感じ。c0128703_1323135.jpg
もし、トロトロになりすぎたら、クレイを足して下さい。このあたりはテキトーでいいです。(^^;;
ここに、保湿作用があるグリセリンなどを混ぜてもOKです。



4.これを顔に塗り、軽く乾燥してくるまで放置。c0128703_1375716.jpg
写真は手の甲に塗ったところ。このくらいの厚みか、もう少し厚くてもいいかな。肌の色が見えなくなる程度の厚さに塗って下さいね。
10〜15分くらいして、まわりが乾燥してきたら(完全に乾く前に)、ぬるま湯で洗い流してください。

洗い流したら、ローションやクリームでしっかり保湿。
また、もしも肌がピリピリしたり、あとで赤くなったりしたら、使うのをやめてくださいね。

春に向け、汚れをとって、明るいお肌をゲットですよ!
[PR]
by tiger_yz | 2011-02-16 01:52 | アロマテラピーを楽しむ | Comments(0)