ナースやすこの健康プラス
精油のニセモノには気をつけろ! 〜その2
今日は更新が遅くなっちゃった。m(_._)m

東京は、ここのところ寒いんですよね〜。
先週のはじめに35度近くあったのに、
今日なんか最高気温が16度前後。
夏から一気に冬になっちゃいそうですな。
風邪なんかひいてませんか?
気をつけてくださいね〜。

さて、今日は精油の本物とニセモノを見分ける方法の第2弾。
「精油のラベルに注目!」という話。

精油は医薬品や医薬部外品ではなく、雑貨。
薬事法などで商品に関する表示が規制されているなんてことはない。
だから、ラベルは各社ほんとにまちまち。
でも、ちゃんとした製法で、ちゃんと(原則)100%自然のものと自信をもって提供しているメーカーは、ある約束事を守っています。

それは、「ロット番号」「精油の学名」を表示すること。

c0128703_23243232.jpg
写真を見て下さいまし。
左のビンは中央あたりに「ロットNo.62」と、
右のビンは一番下に「Lot:20-091008」と書いてありますよね。
これがロット番号。

精油は、たとえば材料をガバッと釜に入れて、
水蒸気をブワワワワ〜ッと当てたりして作るんだけど、
その“1回”が「ロット」。

このロット番号でメーカーに問い合わせたり、ホームページで調べたりすれば、
その精油に含まれる成分を細かく知ることができるようになってるんです。
そういうふうに、責任もって作ってますよ、という印なんですね。

もうひとつの「学名」のほうは、
たとえばラベンダーのビンに「Lavandula angustifolia」とか
Lavandula officinalis」と、
イタリック文字で書いてあるヤツのこと。

ちゃんとした精油には、
材料の植物の学名(ラテン名)を、イタリックで表示する
という約束があるんです。

ラテン名は、原則2つの単語で書いてあります。
ラテン名を知らなくても、読めなくても、意味がわからなくても、
少なくともイタリックで2つの単語が書いてないのは、ニセモノっぽい、と考えたい。

ちなみに上の写真では、左のビンの一番上にその表示が見えますね。
(この精油はフランキンセンスというもので、Boswellia carteri と書いてあります。)
右のビンは、このアングルの反対側に書いてあります。

もしほしい精油がはっきりしているなら、
そのラテン名を調べていけば確実ですよね。
それと、海外にいった時にもラテン名は世界共通だから間違いなし、
というわけです。

しかし、これらを知ってて、
合成モノに、ニセのロット番号やラテン名の表示をされたらアウトですね..。
そういう悪質なメーカーがないことを祈ります。

============================
c0128703_2357935.jpg
ガンガン花をつけているピーマンに、トンボがとまってました。秋ですねぇ〜。
[PR]
by tiger_yz | 2010-09-27 23:59 | アロマテラピーを楽しむ | Comments(0)