ナースやすこの健康プラス
化粧品に含まれる物質のウソ・ホント−その3
関東も梅雨入り。
じめじめの季節は私もちょと苦手。
どうせ暑いなら、ガーーッッ!と暑くて、カラッとしているほうがまだいいな。

さて、今日は化粧品に含まれる物質の3回目。
ビタミンCです。

ビタミンCは、食品にも広く含まれている、とっても身近な物質ですね。
その実体は、アスコルビン酸という有機化合物のL体。
L体っていうのは、化学的な構造のある特徴のことです。

分子量は176.13
500以下なら皮膚に浸透するらしいから、
化粧品に入ってるビタミンCは、
確かに皮膚に入っていくんでしょうな..と思ったら、そうでもない..。

実は、ビタミンCは水には溶ける(親水性)けど、油には溶けない。
前の記事を読んだ方はおわかりでしょう。
そう、お肌は水を通さないんでしたよね。
つまり、皮膚にビタミンCを塗ってもダメらしい(^^;;

いや、これは困った。
で、もちょっと調べてみましたらば。
ビタミンC誘導体ってのがあるらしい。
うん、確かに化粧品の表示にそういう記述を見たことがあるぞ。

このビタミンC誘導体っていうのは、
体内でビタミンCに変わるもの、という意味。
化粧品には、油に溶ける性質(親油性)を持たせた誘導体が入っているらしい。
お、それなら、分子量も小さいことだし、皮膚に入っていくことも期待できる。

それはそれでちょっと横に置いといて。
ビタミンCといえば「美白効果」が有名だけど、実際どうなんでしょう?

国立健康・栄養研究所のデータベースによると、
http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail45.html
(以下、一部要約して引用)
光老化(紫外線に当たったことで起こる皮膚の老化。分厚くなったり、シミや深いシワができる)した皮膚にアスコルビン酸を含む「試験用の調製品」を3ヶ月塗ったら、「荒いしわ、黄ばみ、土気色の肌、肌のでこぼこ、肌の色調を改善した」と書いてありますな。
--------------------------引用終わり

ただ、同データベースには、他に皮膚に塗ったときの効果に関する記述はない。
前述の「色調を改善した」というあたりに「美白」な感じがあるものの、
はっきり「美白」とは書いてない..。うむむ。

でも、ビタミンC自体には、皮膚のメラノサイトにはたらいてメラニン(黒っぽい色素)の産生を抑制するはたらきや、体内でコラーゲンを合成する際に必要だというのは生理学的にわかっていること。
だから、ビタミンCは皮膚に良いということはいえますね。

ではどうすればいいのか。
ビタミンCは、皮膚に誘導体を塗るよりも、
口から摂取したほうがいいんじゃないかな。
1日3食の食事の中で、
もしそれ以上にとりたいなら、サプリメントなどでとる。

ただし、サプリメントでとる場合に注意したいのが、摂取するタイミング。
ビタミンCは、余分はおしっこに出ちゃうので、一度に大量にとっても無駄が出るだけ。
たとえば食事のたびにとるとか、食事と食事の間にとるとか、
そういうとり方が良いでしょう。

AllAboutでも、そういう記述があるので参考にしてみてね。

=================================c0128703_12375879.jpg
矮性ミニトマトのレジナ。ミニトマトとはいうものの、実は思ったより大きいですよ。手間要らずでじゃんじゃん結実してます。楽しみ〜。
[PR]
by tiger_yz | 2010-06-21 12:41 | 元気・健康・キレイでいる方法 | Comments(2)
Commented by とも at 2010-06-21 12:57 x
初めまして。
とても分かりやすくて面白く読ませていただきました(^^)
お肌にイロイロ付けるより、少し気を付ければ食事などで摂取できるものは体の中からお肌を綺麗にした方が自然ですよね~
Commented by tiger_yz at 2010-06-21 13:53
ともさん、こんにちは。やすこです。
そうですよね、体内が元気じゃなきゃ、表面だけ何かしたってだめですよね。顔に塗るものにお金かけるより、食べるものにお金かけた方が幸せだし(^^ゞ