ナースやすこの健康プラス
お肌のため、表皮はゴシゴシしないこと
お肌の健康シリーズの第...何弾だっけ??? ま、いっか。

今日は、お肌を健康に保つための大原則、
「傷つけない」ことについて。

基本事項のおさらい。
・皮膚は、表層の表皮とその下の真皮からなる。
・表皮の一番表層の角質層は、ラップ1枚の薄さ。
・角質層には、死んだ細胞のケラチン(小さくて薄い)が層になっている。
・角質層は、乾燥や外からの刺激からからだを守る重要な役割をしている。

で、今日はその表皮の角質層を傷つけるととんでもないことになるよ、という話。

表皮が何かの原因で傷つくと、
乾燥してしまったり、炎症が起きたりします。
すると、赤くなるし、ヒリヒリするし、
果ては、皮がポロポロむけてきたり、皮膚が硬くなったり、
色素沈着を起こしてシミになったり、
皮膚の新陳代謝が悪くなって“くすみ”になったりするわけです。

そこで一番大事なことは、ゴシゴシこすらないこと!

洗顔のときは、たっぷりの泡を使って、泡を皮膚の上でころがすように洗う。
つまり、手や指が、直接顔の皮膚に触れないことが大事。
増して、アカスリなんてことしちゃ、絶対ダメですよ!

タオルで拭くときも、ゴシゴシはダメ。
そっと押し付けるようにするだけで大丈夫。
どうせ、すぐに水分は蒸発していっちゃうんだからね。

マッサージをするなら、クリームやオイルをたっぷり使い、
指がよ〜く滑るようにすること。

ファンデーションなどを塗るときも、
できるだけこすらないように。
特にお肌が弱い人は、スポンジでなく、手で塗った方がいいですね。

お肌はとにかく、やさしくやさしく扱ってあげましょう。

================================
c0128703_11273031.jpg
ローズマリーの花が満開! でも、花が咲くと、葉の香りは少し落ちるんだとか。あらま。
ローズマリーは、スッキリ、シャッキリさせてくれる香りで、その精油は頭脳明晰の香りとして知られていますよね。私も好きな香りです。
[PR]
by tiger_yz | 2010-05-24 11:25 | 元気・健康・キレイでいる方法 | Comments(0)