ナースやすこの健康プラス
健康診断の「尿たんぱく」を放っておいてはダメ!
もう今年も残すは4日。あぁ、今年も大掃除が小掃除に..(^^ゞ
皆様、いかがお過ごしですか?

実は少し前に、看護師さん向けの雑誌の取材で聞いた内容が、
「これは看護師さんだけじゃなくて、一般の人にも知ってもらうべき!」と
思ったので、その話をば。

皆さんも、尿検査を受けたこと、ありますよね?
学校や職場の健康診断にも必ず入っていますしね。

そしてその結果、
「尿たんぱくが陽性(+以上)」と言われたことがある方、
さらに、それをほったらかしにしてる方、いませんか?


それ、ヤバいかもです!!

尿たんぱくが陽性というのは、たんぱく質が尿に出てますよ、という意味ですね。
でも、たんぱく質は本来、尿をつくる腎臓が正常にはたらいていれば、
尿にはほとんど出て来ません。
それが出ているということは、「腎臓が、何か?」っちゅうことなわけです。

でも今までは、尿たんぱくが「+(ワンプラス)」程度で、
他の血液検査などに問題がなければ、
「ま、疲れでしょうかね」とか「また次の健康診断の結果をみてしましょう」
と言われる程度だったり、
「3ヶ月か半年後に再検査をしてみるといいですね」と言われても、
なんてことないよ、と放置しちゃったり、ということもあったのでは?

それ、ヤバいかもなんです!!

腎臓の病気にはたくさんの種類があって、病名とかその経過とかがとても複雑で、
なんともわかりにくい(腎臓専門医でない医療関係者にとっても)ものなんですね。
でも、進行すれば慢性腎不全になり、
人工透析や腎移植が必要になるという点は共通。
そうなると、生活も体調もしんどくて大変。

そこで、腎臓の病気をできるだけ早く発見して、
慢性腎不全になるのを少しでも遅くするために、
一般市民の皆さんにもわかりやすい概念ができたんです。

それが「慢性腎臓病(CKD)」

なんともざっくりとした名前ですが(^^;;

そして、この病気の診断に重要なのが「尿たんぱく」。
尿たんぱくが陽性の状態が3ヶ月続いたら、
それはもう「慢性腎臓病(CKD)」なんです!

「慢性腎臓病(CKD)」には1から5までのステージがあって、
尿たんぱくの陽性だけで、腎臓の機能を知る別の検査結果にほとんど異常がなく、
ステージが1とか2の段階ならば、まだ治すこともできます。
でも、ほったらかしにしておいて、気づいたときにはすでにステージ3だった、
なんてことになると、もう完治は難しい。
その状態を保って、うまく生活していくことが主眼になります。

だから、健康診断の結果、「尿たんぱくが陽性」と言われたら、
必ず再検査(3ヶ月以内に)を受けてくださいましね。


..ちなみに、慢性腎不全で新たに人工透析を始める人は、年間で3万5千人以上。
人工透析をすると、1人年間500万円以上の医療費がかかります。
1ヶ月間に透析を始める人が約3000人、1ヶ月の医療費が約42万円として、
この3000人の方が、透析を始めるのが1ヶ月先になれば、
それだけで12億円の削減になる!

私たち個人個人が、慢性腎臓病(CKD)を予防したり、
早期発見して慢性腎不全になるのを防ぐ努力をすれば、
確実に医療費は減らせるということなんですね。

==================================

c0128703_10255813.jpg
これ、「今」の写真なんすよ。ベランダでトマトが実ってます。ビニールハウスもなしで。バタバタしてて、ベランダ菜園のお手入れがぜんぜんできてないんだけど、気づいたらこんなことに(^^;;
ちゃんと色づくのかな.. こうなったら、このまま放っておきますわ(^^ゞ


==================================
2010年1月2日 tom-sou-yaさんのコメントに対して加筆します。

tom-sou-yaさん、明けましておめでとうございます。
コメントありがとうございます。

..そうですね..
tom-sou-yaさんがそのように受け取られたのは私の言葉足らずです。
すいません。

でもね、すでに人工透析や、その他の難病などで公費で治療を受けている方は、
治療費(税金)がかかると言われても、
自分が悪いと思うことなんて、ぜんぜんないです。

予防など考えようがない、100%不可抗力の病気もあるわけですし、
そうでなくても、病気になったらどんな場合でも治療が必要なわけで、
たとえばそれが公費ですべき治療なのであれば、
それは国民みんなで支えていくべきなんです。
公費とされるだけの意味があるわけですから。

私が思うのは、
この記事のように、ある程度予防が可能だと現代の科学でわかっているのに、そんなの知らないとか、知っているけど別に関係ないじゃんと思うといった理由で予防しないでいるとしたら、その行動は「ダメ」と言いたいということです。

でも、どれだけがんばって予防しても、病気になってしまったとしたら、
それを責めるべきではありません。

..私たち医療者はそう思っているけれど..
一般の方がこの記事を読んだら、
医療費がかかる病気が悪いみたいに読めちゃうかもですね。なるほどです。
そういうことも含めて、これからちゃんとした情報を発信しないとですね。
今後とも、私を監視しててくださいましね。ありがとうです。m(_._)m
[PR]
by tiger_yz | 2009-12-28 10:35 | 気になる症状 | Comments(2)
Commented by tom-sou-ya at 2009-12-30 00:30
なりたくてなった病気じゃないので、医療費(税金)がかかるとかあんまり言われると辛いんですけど・・・。^^;;
生活習慣病とか言われるものの大半は、社会環境が巻き起こしていることなので、やすこさんみたいに、もっと医療機関や薬局薬店、メーカーなどの関係者がこういうことをしっかり一般人に伝えるのが大事なんだと思います。
Commented by tiger_yz at 2010-01-02 01:48
tom-sou-yaさん、やすこです。明けましておめでとうございます。
コメントに対して、少し長くなるので記事に加筆しました。
いつもありがとうございます。今後とも、よろしくお願いしますね。(^^)/