ナースやすこの健康プラス
医師が病状や治療方針を説明してくれない【1】
やっと2〜3日前から、
「あぁ、元通りになってきたなぁ」という実感が出てきた。

でも、「治った」という確信はある一方で、
ちょっとでもお腹が痛いと、「またあれが戻ってくるのか..」と、ビビりまくりです(^^;;

今回の急性腸炎で、最初の外来受診から入院中にかけて感じたことを何回かにわけて掲載しようというわけですが、今回は、医師からの説明について。要するに、インフォームドコンセントの話です。

結論からいうと、今回担当してくれた医師は、
私から根掘り葉掘り聞かない限り、何も説明してくれなかった。
いや、楽しい感じのいい先生だったし、信頼できないわけじゃなかったけど。

たとえば、今、私の腕に刺さってる点滴には何が入っているのか?

入院のときに、「絶食にして、何も食べないと脱水になっちゃうから点滴して様子をみましょう」と言われたのと、何日か後に、「落ち着いてきたね。ちょっとお薬を変えましょう」と言われただけで、内容については一切説明なしでした。

まぁね、点滴のボトルを見れば、それ自体が何なのか、
何カロリーあるのかとかはわかる。
それに、ボトルにパソコンから打ち出したオーダー内容が貼ってあって
「○○やすこ様 .....ブスコパン....」と、入っている薬剤名が書いてあったから、
「あそ」と了解はしていたんだけど。

ただ、そう了解できるのは、私がある程度の知識を持っているからですよね..。

点滴ボトルに、その内容が書いてあることを知らなければ、見てみようと思わないかもしれないし、「Na、Cl、アミノ酸....」と書いてあっても、その意味がわからなければ、「???」と思うだけ。
増して、“ブスコパン”が何なのかを知らなければ、
「だから、私の血管に勝手に何入れてんのよっ!!」と思って当然。
(ブスコパンは、消化管などの内臓の筋肉の収縮やけいれんを抑えて、痛みを和らげる薬です)

たまに、投与する薬剤やその量を間違える医療ミスが報告されます。
その責任は完全に医療者側にあるし、
患者側には、なすすべがないというのも現実かもしれない。

でも、自分や家族に投与される薬剤の名前やその効用について
医師や看護師などに質問すれば、
その人に、「確かにこの点滴は○○のための◇◇という薬だ」と再確認させることができ、医療ミスを防ぐことができるかもしれない。
忙しくて、つい流れや慣れにまかせてしまっていた医療従事者に、
「それではいけない。薬剤投与は確認の上に確認を重ねて」と
再認識させる効果がある。

どうぞ、気軽に医師や看護師に
「この点滴、何が入ってるんですか?」
と聞いてみてください。

「腹痛を和らげるお薬が入ってますよ」と説明してくれれば、及第点。
これはふつーね。

点滴のボトルに書いてある文字を見せながら、
ベースになっている液体には何が入っていて、
さらに薬として何という名前のどういう効能の薬が入っているのか、
考えられる副作用は何か、何時間で入れる予定かということまで説明してくれたら、
その人(医師でも看護師でも薬剤師でも)は、信頼してOK。

「そういうことはドクターに聞いてください」という看護師や、
「そんなこと、別に知らなくてもいいでしょ」という医師は失格ですな。

..このようなエピソードや対処法は、私の著書、『ナース30人のホンネ!あなたが病気になったとき(ホメオシス)』(このブログの右側にリンクがあります)にもいろいろ書いてあります。ぜひ参考にしてくださいまし。

c0128703_1152118.jpg
病み上がり(というかまだ不調状態)のときに、仕事を再開したのがいきなり静岡に出張取材。で、静岡の新幹線の改札内で発見したのが、この「びっくりどらやき」!! あんこ好きな私は、買わないわけにはいかないっ(*^O^*)
しかし、すごい食べごたえでした。しあわせ。うふふ〜
[PR]
by tiger_yz | 2008-12-21 12:16 | 病院・医者選び | Comments(2)
Commented at 2011-10-08 04:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tiger_yz at 2011-10-18 00:43
tom-sou-yaさん。こんにちは。..うむむ。やっぱりこのご時世でも医師や看護師は説明不足なんですねぇ。困ったものですね。
タバコはぜったいに害でしかありません! 福島原発から十分に遠い地域に住んでいる方は、東京も含めて、放射性物質よりタバコのほうがよっぽど身体に悪いと思いますよ。最近、歩きタバコをしている人が多くて、ホントに腹が立ちます!!